はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

3分でわかる女性の喪服!女性が通夜、葬儀・告別式に参列するときの服装は?

f:id:barkaz6212:20161107235818j:plain

男性と同様に、近年では女性も通夜から告別式まで喪服で参列するというのが一般的になっています。
女性の喪服は、黒無地のワンピースかアンサンブル、ツーピースが基本ですが、黒のブラウスとスカートなどの装いでも構いません。
喪服はオールシーズン着用できるもので構いません。
ただし、肌の露出を控えたものを着用するようにしましょう。

女性の葬儀での装い

喪服は黒のワンピースかアンサンブル、ツーピースですが、黒のブラウスとスカートでも構いません。
全身を黒で統一します。

ブラックフォーマルは、衿元が詰まったデザインのものにしましょう。
ワンピースがノースリーブという喪服もありますが、肌の露出は避けましょう。
夏は薄手のジャケットや袖のあるブラウスなどと組み合わせましょう。

袖は長袖が原則ですが、夏は五分袖や七部袖でも構いません。

ひざ上のミニスカートはカジュアルなので避けましょう。
一般的にスカートの丈は、ひざ下からふくらはぎ程度ですが、短めよりは長いほうが上品に見えます。

レースに関しては、ふち取りなどごく控えめに入っている程度なら構いません。
また、刺しゅうも華美に見えないデザインならよいでしょう。

遺族でない方でも、和服で参列しても構いません。
地味な色無地の三つ紋か一つ紋つきのもので、遺族よりも格式を高くないようにします。

メイク

メイクは、ナチュラルメイクが基本で、濃いメイクは避けます。
ネイル、香水も避けましょう。

boseki.hatenablog.com

髪型

長い髪で焼香の邪魔になる場合には、顔にかからないようにすっきりと黒のヘアゴムやピンなどでまとめます。
バレッタ、クリップなどを使う場合には、黒、紺、茶など地味な色で装飾のないものを選びましょう。

ストッキング

ストッキングは、黒か肌色のものを選びます。
タイツはカジュアルな印象を与えるので、喪服の装いとしては不向きです。

靴は黒で布製のパンプスが正装です。
なければ、飾りのない黒のパンプスにします。
パンプスのヒールは5センチメール以内の低めのものにしましょう。
サンダルや金具がついているもの、光沢のあるエナメル素材はNGです。
また、ヒールが高すぎたり、細すぎたりするものもNGです。

寒い時期であっても、ブーツはNGです。

ネックレス

洋装の場合、ネックレスをつけなければ正装になりません。
白または黒の真珠か黒オニキス、黒曜石の一連ネックレスにします。

boseki.hatenablog.com

バッグ

バッグは、黒の布製で金具などの装飾がないものを選びます。
形は、小型の手さげタイプかセカンドバックタイプにします。

boseki.hatenablog.com

コート

コートなどを着用する場合は、葬儀会場内に入る前に脱ぐようにしましょう。
黒やグレーなど地味な色で、デザインも地味なものを選ぶようにしますが、たとえ地味であっても毛皮や革製のものは殺生を連想させるため避けます
また、カジュアルなジャンパー、ダウンジャケットなども避けましょう。

マフラー・手袋

マフラーや手袋などの防寒具についても、デザインや色だけでなく、素材にも気をつけましょう。

女性の通夜での装い

通夜は、急ぎかけつけるというものなので、喪服でなくても地味な服装ならOKです。
ただし、ノースリーブなど肌を露出したもの、色は地味でも光沢のあるもの、派手なデザインの服装は避けましょう。

紺やグレー、黒、茶などの地味な色のツーピースやワンピース、黒無地のブラウス、スカートを着用します。
急なお通夜で喪服の準備がないときなどはデザインによりますが、華美なものでなければ黒いブラウスで構いません。
ストッキングの色は、黒、または肌色で構いません。

ヘアメイクは控えめにして、アクセサリーは結婚指輪以外ははずします。

ただ、男性と同様に通夜から告別式までブラックフォーマルの喪服で参列するというのが一般的になっています。

妊娠中も喪服

マタニティ用の喪服も売っていますが、一時だけのために買うのはもったいないでしょう。
レンタルですませるか、黒っぽい地味なワンピースなどを選んで着るとよいでしょう。

boseki.hatenablog.com