はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

葬儀の種類にはどんなものがあるの?仏式、キリスト教式、神式、無宗教など

f:id:barkaz6212:20161201092221j:plain

日本の葬儀の9割以上は仏式で行われています。

ただ、葬儀の形式には、その他にも、神式、キリスト教式などがあります。

boseki.hatenablog.com

boseki.hatenablog.com

また、仏式であっても、宗派によっても内容が異なるため、自分の家がどの宗派なのか、確認が必要です。

その他、無宗教葬、自由葬、家族葬、直葬と呼ばれる形式の葬儀も増えています。

自由葬が増えています

さらに、最近では宗教的儀礼を伴わない自由葬(無宗教葬)も増えています。

boseki.hatenablog.com

参列者を限定して行う家族葬

家族葬とは、一般に、家族や少数の身内のみで行う葬儀のことです。

boseki.hatenablog.com

家族葬に反対される場合

家族葬は新しいスタイルなので、しきたりを重んじる人や地域によってはなじまないこともあるでしょう。
反対にあったら、個人の遺志ということを伝えて相談するとよいでしょう。

家族葬・自由葬を行う際の留意点

  • 故人の強い意志だったことなどを伝えて、親族などの理解を得ましょう
  • 家族葬や自由葬に対応できる葬祭業者を選びましょう

家族葬の場合

  • 葬儀後または四十九日法要後に挨拶状を送りましょう。
    最近は喪中はがきで知らせる場合もあります。
  • 参列できなかった人たちへの対応も考えておきましょう。

自由葬の場合

  • 進行については葬儀社も交えて入念に検討しましょう。
  • 菩提寺に相談しましょう。
    仏式葬儀でないと納骨できない寺院墓地もあります。

火葬だけを行う直葬という方法もある

boseki.hatenablog.com

故人の希望するスタイルを尊重しよう

もちろん、故人が希望するスタイルであれば尊重してあげましょう。
ただし、遺族間でもよく話し合って決めたほうがよいでしょう。

故人と家族の宗教が異なる場合

一般的には、故人の信仰を尊重します。

しかし、仏教とキリスト教など大きく違うときは遺族もどのようにしたらよいかわからず、戸惑うこともあるでしょう
そんな場合には、葬儀社をはじめ、僧侶、新婦、牧師などとよく相談して、わからないことは何でも聞きながら進めましょう。