はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!会葬御礼(返礼品)、会葬礼状で気をつけるべきマナー・作法

f:id:barkaz6212:20161202125229j:plain

通夜や葬儀・告別式の参列者へお礼として渡すものが返礼品で、会葬礼状は文面で会葬に対するお礼を述べるものです。

返礼品には、通夜や告別式の会葬に対するお礼として渡す会葬御礼(会葬返礼品)と、香典をいただいた人にお礼として渡す香典返しがあります。

会葬御礼とは?

会葬御礼は弔問に訪れた客に感謝を込めて渡す品物です。
会葬礼状、お清めの塩とともに渡されることが多くなっています。

boseki.hatenablog.com

会葬御礼は、もともとは、通夜ぶるまいに出席しない弔問客に渡すものでした。
しかし、現在では、告別式に参列する代わりに通夜に出る人が増えたこともあり、通夜の弔問客や葬儀参列者全員に、会葬礼状とともに会葬返礼品を渡すことが一般的です。
香典をいただいた人には、忌明け後に改めて香典返しを贈ります。
香典返しでは、香典返しのギフトなどを送ったりします。
アンティナというサービスなどで注文することができます。

会葬礼状の手配は、葬祭業者が行います。
会葬御礼もあわせて葬儀社に依頼します。
ただし、品物に決まりはありません。
ハンカチ、お茶、お酒と海苔のセットなど、700~1,000円程度のものが多いようです。

注文する数は、故人が最近受け取った年賀状の枚数を目安とします。
また、返礼品や会葬礼状は、予想される会葬者の人数よりも多めに葬儀社に手配しておきます。
余った場合は、返品可能なことが多いですが、念のため葬儀社に確認しておきましょう。

四十九日の忌明けに行う香典返しを葬儀当日にすることも増えています。

boseki.hatenablog.com

会葬御礼の品物

会葬御礼の品物には、お茶、のり、ハンカチといった食品や雑貨が一般的です。
また、プリペイドカードやギフトカードを渡すケースもあります。

故人が好きだったものを会葬御礼にしてもいいの?

故人が好きだったものを会葬御礼にしても構いません。
事前に準備できれば、葬儀社で対応してくれます。
間に合わない場合には、当日は従来の会葬御礼の品を用意して、後日、香典返しとして送っても構いません。

会葬御礼に不向きな品物

会葬御礼に不向きな物としては、

  • 持ち歩きに不向きなかさばるもの
  • 重いもの
  • 金額がそのまま出る金券

などがあげられます。

会葬礼状に載せるべき内容

会葬礼状は、本来、葬儀・告別式後に郵送するものですが、今では通夜や葬儀に来てくれた会葬者に、出口で返礼品(香典返し)とともに渡すことがほとんどです。

会葬礼状には、会葬、香典、供物などのお礼、葬儀中の不行き届きのお詫びなどを入れます。
ただし、葬儀社で定型文も用意されています。
もちろん自分で考えても構いません。

オーソドックスな会葬礼状の文では、句読点を使いません。
これは、毛筆で書いていたころにならったものと言われています。
ただし、最近は句読点をつけることもあります。

会葬礼状の文例1

亡夫○○儀告別式に際しましては

お忙しいなか御会葬ならびにご厚志を賜り

御芳情のほどまことにありがたく厚く御礼申し上げます

早速拝顔のうえ 御礼申し上げるべきところ

略儀ながら書中をもってごあいさつ申し上げます

   平成○年○月○日

         東京都○区○町○-○

         喪主 ○○○○

         外  親戚一同

会葬礼状の文例2:故人の勤務先へのお礼状の例

亡父○○の葬儀および告別式に際しましては
ご多忙中にもかかわらず ご会葬をいただきまして
誠にありがたく御礼申し上げます

そのうえご丁重なるご芳志まで賜りまして
厚く御礼申し上げます

さっそくご拝顔のうえ 御礼申し上げるべきところでございますが

略儀ながら書中をもって ご挨拶申し上げます

   平成○年○月○日

         喪主 ○○○○

         外  親戚一同

会葬礼状の文例3:遺族の心情を表現したパターン

本日は、母○○の葬儀に貴重なお時間をさいてご会葬いただき、誠にありがとうございました。

母は、大好きだというこの土地で、趣味の園芸など楽しみながら、一人暮らしを長く続けておりました。
それも地域の皆様のお力添えがあってのことと思います。
母も私ども家族も、皆さまのご厚意に深く感謝しております。

本来ならお目にかかって御礼申し上げるべきところですが、まずは、書中をもちまして、ごあいさつとさせていただきます。

   平成○年○月○日

         喪主 ○○○○

         外  親戚一同