はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

神式の玉串奉奠の作法・やり方のまとめ

f:id:barkaz6212:20161115192111j:plain

神式のお葬式では、仏式の焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)という儀式を行います。

玉串奉奠の作法・やり方

玉串を捧げて、拝礼することを、玉串奉奠と呼び、神道の儀式の際には慶弔に関わらず、行われます。

なお、下記は、葬儀における玉串奉奠の作法です。

f:id:barkaz6212:20170910105252p:plain

遺族と神主に一礼した後、神官から玉串(榊)を受け取ります。このとき、神主から渡される玉串の根元を上から右手で持って、左手で葉を下から支えるようにして受け取ります。

祭壇の間へ進んで玉串を胸の高さに持って、手が下がらないように一礼します。
玉串を目の高さに捧げ持ち、3歩進み出て根元が手前にくるように右回り(時計回り)に90度両手を回します。

左手を根元に下げて、右手で葉を支えるようにして持ちます。

さらに玉串を右に回して根元が祭壇に向くようにします 。

根元が祭壇に向くように回転させた後、左手を右手下に添えて、玉串案という台に捧げます。

台から数歩下がって、正面を向いたまま、遺影に向かって、二礼二拍手一礼でお参りをします。
2回深くお辞儀をしたあと、2回音を出さないようにして拍手します。
柏手(かしわで)は両手があわさる寸前で止めて、音を出さないしのび手で行います。
最後に正面に一礼します。

数歩下がって、遺族と神官に礼をして席に戻ります。

玉串の供え方まとめ

  1. 玉串の根元を上から右手で、枝先を下から左手で持つ
  2. 右の手のひらを返して、玉串を右に90度ほど回す
  3. 根元を左手、枝先を右手で持って、玉串を右へ半回転させる
  4. 祭壇に根元を向けて置き、二礼ニ拍手一礼をします

玉串とは

玉串は、榊や杉などの常緑樹の小枝に紙垂(しで)という白い紙片を下げたもので、神の霊に通じるものとされています。

玉串を祭壇に捧げて、故人の霊が安らかであることを祈ります。
神前にお供えするものとして、お米や酒、魚などと同様の意味があると考えられています。
しかし、玉串は祭典のなかで捧げて拝礼することから特別な意味を持ちます。
神様に敬意をあらわし、かつ神威を受けるために祈念を込めて捧げるものです。

玉串は片手で持ってはいけません。