はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

お墓の承継:お墓の承継者がいないときはどうする?

f:id:barkaz6212:20160621015302j:plain

親族でなくてもお墓の承継者にすることができる

戦前の民法では、お墓は長男が承継し、家墓に入るのは長男夫婦だけとなっていました。

現在もそのようなイメージが強く残っており、長年の慣習として存在しています。

しかし、現行の民法では、墓地の使用者が指定すれば、子や親族でなくてもお墓の承継者にすることができます。

子どもがいないこととお墓の承継人がいないということは同じではなく、子どもがいないからと言って、すぐにお墓の承継を諦めることはありません。

被相続人の指示がなければ、慣習により祖先の祭祀の主宰する者が決まり、その者がお墓を承継します。

慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者は、必ずしも、相続人のうちの1人でなければならないわけではありません。

もし、慣習で決まらない場合には家庭裁判所が決定します。

承継者の指定は、口頭でもよいとされていますが、トラブルを避けるためには遺言書などの文書を残しておいたほうが良いでしょう。

もちろん承継する当人や周囲の了承は必要です。

なお、血縁者などでないなど、墓地が定めている承継者の範囲から外れている場合には、墓地の管理者にあらかじめその旨を伝えて、了解を得る必要があります。

次の順に承継者を考えてみましょう

前述のように、お墓は長男が承継するのが長年の慣習でしたが、現在は少子化の影響もあり、姓の変わった娘しかいない、子どもがいないなど、お墓を受け継ぐ人に困ることも珍しくありません。

そのようなときは、次の順に承継者を考えてみましょう。

①長男以外の息子、改姓した娘

現在は、長男が家督を継ぐという考えは薄らいできています。

また、姓の違う血縁者がお墓を承継することはまったく問題ありません。

②兄弟姉妹、甥姪など

近くに住んでいて親交があるのなら、生前から管理を依頼しておくのが自然です。

ただし、相手に負担をかけることになるので、相応のお礼は必要です。

③血縁者以外の人

相手が了承するなら、血縁がなくてもお墓を承継することは可能です。

ただ、親族には、トラブルを避けるためにも事情を説明しておくほうがよいでしょう。

頼める親族や知人がいない場合

しかしながら、お墓の承継を頼めるほど、親密な親族や知人がいない場合には、お墓を誰かに継いでもらうことは考えず、

  • 今ある先祖代々のお墓をどうするか?
  • 自分のお墓をどうするか?

について自分の代でけじめをつけるようにしましょう。

承継を頼める人がいないケースとしては、子どもや孫に負担をかけたくない場合や、なんらかの事情で子どもとは疎遠という場合も同様です。

今あるお墓をどうするか?

今あるお墓をどうするかについては次のような選択肢があります。

現状維持

まとまった管理料を支払って、ある程度の年数はお墓を維持して、自分もそのお墓に入ります。

所定の年数の経過後には、合葬式墓地に埋葬されます。

墓じまい

墓地の永代使用権を返却して、現在のお墓を処分し、合葬式墓地に埋葬します。

自分は、承継者がいなくても入れるお墓を探します。

boseki.hatenablog.com

改葬

改葬に関しては、

  • 遠い故郷にある墓を自分の住まいの近くに移す
  • 夫の実家の墓と妻の実家の墓を1ヵ所にまとめて両家墓とする

などがあります。

boseki.hatenablog.com

自分のお墓をどうするか?

墓地の一般区画の多くは、手元に遺骨があり、承継者がいることが申し込みの条件になります。

ただ、多くの墓地・霊園には、承継者がいなくても生前から申し込める合同の埋葬施設があります。

最初から共同埋葬される施設、ある程度の年数は個別埋葬した後で共同埋葬する施設など、いろいろなシステムがあります。

承継者がいなくても生前から申し込めるの次の3つの方法です。

合葬墓地を契約する

公営墓地の中にも設けられているところがあります。

最初から遺骨を合祀するタイプと、ある程度年数経過後に合祀するタイプがあります。

永代供養墓、納骨堂を契約する

主として寺院が経営し、永続的に管理と供養が受けられるのが特徴です。

ただし、永代供養の考え方は、宗派によって異なり、供養の内容や期間もさまざまなので、まず寺院に相談しましょう。

承継者のいない永代供養墓はどうなる?

永代供養墓に納められた遺骨を受け継ぐ人(妻や子どもなどの承継者)が亡くなった時点で、合葬墓や合祀墓、合同墓などに移される可能性があります。

こうした合葬墓などをきちんと供養するかは、墓地管理者である住職など次第です。

合葬墓であっても、朝晩の回向をしてくれる丁寧な寺もある一方で、放ったらかしの寺もないとは言えません。

いずれにしても、個人単位で利用することの多い永代供養墓は、長くても20~30年ほど合葬墓に移されてしまうことになります。

墓に入ることを考えない

散骨樹木葬など、特殊な方法を望むときは、周囲に希望を伝えたうえで、残された人がとまどわないように遺言などで明文化しておきましょう。

誰も承継者がいない場合には無縁墓になる

誰も承継者がいないお墓は、誰かに依頼してお墓の管理費や使用料を納める手配をしておけばすぐには無縁墓になりませんが、いずれは無縁墓となり、共同の墓地へ改葬されます。

boseki.hatenablog.com