はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

故人の預貯金を引き出したい場合はどうすればいいの?

名義人が志望すると預貯金は引き出せなくなる

故人名義の預貯金口座は金融機関が名義人の死亡を知った時点で凍結されます。

複数の相続人がいる場合、法律関係が複雑になり、預貯金が誰のものかについて争いが生じるおそれがあります。
そこで、遺産分割協議がまとまるまでは、相続人が単独で預貯金を引き出せないようにします。

預貯金口座が凍結されると、窓口やキャッシュカードでの金銭の出し入れだけでなく、振込みや送金もできなくなります。

銀行から葬儀費用を引き出せることもある

一家の大黒柱が急に死亡すると、病院への支払いや葬儀費用などで、思わぬ大金が必要になることがあります。
そのような場合は、口座のある銀行に相談すると、引き出しに応じてくれることがあります。

その際には、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書などの書類や、保証人が必要になることが一般的です。
手続きや必要書類は銀行によって異なりますので、直接問い合わせましょう。

故人の預金を引き出すために必要な書類

  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 故人の戸籍謄本または除籍謄本(法定相続人の範囲がわかるもの)
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 葬儀費用がわかるもの(見積書など)
  • 故人の実印・預金通帳・届出印・キャッシュカード
  • 手続きする人の身分を証明する書類

銀行に引き出しを認めてもらえる金額

故人の口座凍結中に、銀行に引き出しを認められたとしても、無制限に引き出せるわけではありません。
通常の限度額は、150万円程度とされています。

故人の預貯金は、本来であれば、遺産分割協議後に解約か名義変更をすませてから、現金を引き出すべきものです。
そのため、引き出しが認められた場合も、その後の相続をめぐるトラブルを防ぐために、お金の使用明細を記録し、葬儀費用の見積書や病院に支払った費用の領収書などは、保管しておくことが重要です。

故人が利用していた銀行の貸金庫はどうなる?

貸金庫を利用する権利も、預金と同じく相続財産とみなされます。
そのため、預貯金と同様の問題が生じる可能性があるため、通常は遺産分割協議が終了するまで、貸金庫を開けることはできません。

遺産分割協議前に貸金庫を開ける必要がある場合は、凍結された預金を引き出す場合と同じような書類が必要となります。

公共料金の支払いにも注意

電気やガス、水道などといった公共料金の支払いが故人名義になっていた場合なども注意が必要です。
各種支払い関係が故人名義の銀行口座からの引き落としになっていないか確認しましょう。
公共彫金などが故人名義の口座からの自動引き落としになっている場合は、口座凍結によって引き落とせなくなってしまうと未払い状態になり、支払いが滞納されるおそれがあります。
そうならないためにも、すみやかに公共料金の契約者変更や解除の手続きを行いましょう。

生前に遺言書を作成しておこう

遺産をめぐって相続人の間で争いが起こり、遺産分割協議がうまくいかない場合は、長期間預貯金口座が凍結されることもありえます。
もし、そのまま10ヵ月が経ってしまうと相続税の申告期限になり、遺産の額が大きい場合は相続税を納める必要が生じます。
故人の預貯金以外にあまり預貯金や現金を持っていなければ、納税時に困ってしまうかもしれません。
遺産分割をスムーズにするためには、生前に遺言書を作成して、預貯金を相続する人を指定しておくことをおすすめします。

boseki.hatenablog.com

boseki.hatenablog.com