はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

お墓の改葬:古いお墓を更地に戻すときの手続き

f:id:barkaz6212:20160715220234j:plain

古いお墓を処分するときの手順

  1. お墓の管理者に解約と撤去の申請をします。
  2. 工事を行う石材店を決定します。
  3. 工事日を決定して、工事届を墓地管理者に提出します。
  4. 墓石を撤去する際の閉眼法要を僧侶に依頼して、日程を決定します。
  5. 工事開始の前に閉眼法要を行います。
  6. 石材店のお立会いのもと遺骨を取り出します。
  7. 墓石の撤去工事を行います。
  8. 墓地の整地工事をして、更地にして返却します。

撤去工事を行う石材店は、これまでの墓地管理者に紹介してもらうとよいでしょう。

墓石を移転先の墓地でも使用する場合には、墓石の撤去工事の際に、あわせて修復作業を行ってから運搬します。

遺骨が土に還っている場合や土葬の場合

埋葬の方法は、地方のしきたりなどによって異なります。

遺骨や遺体の状態にあわせて、次のように改葬しましょう。

遺骨が骨壺のまま納められているとき

そのまま取り出して、移転先の墓地へと運びます。

遺骨を骨壺から出して土の上に埋葬しているとき

古い遺骨はすでに分解されていることでしょう。

そのような場合には、周辺の土をすくって骨壺に納めます。

遺体を土葬しているとき

現在、土葬は自治体の条例や墓地の規約などによって、許可されていないことがほとんどです。

この場合は、移転先の墓地に土葬の遺骨をそのまま納骨することはできません。

改葬する際には、遺体または土中の遺骨を、火葬する必要があります。

市町村役場から改葬許可証の交付を受けるときに、火葬許可証も発行してもらいましょう。

火葬された遺骨として骨壺に納めます。