はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる遺品供養!人形やぬいぐるみは供養してもらおう

f:id:barkaz6212:20170828101811j:plain

個人の荷物の中で、一般ゴミとして捨てたり、業者に処分を依頼しづらいものというのは、必ず出てきます。
そういう場合には、お寺などで供養(お焚き上げ)してもらうことをおすすめします。
愛用品や思い出の品など、供養してもらえるものはたくさんあります。

遺品の供養をしてもらう主なもの

愛用品や思い出の品

写真 / アルバム
洋服 / 着物
めがね / 万年筆 / 手帳 / 日記 / 手紙 / 絵画
パソコン / 携帯電話
かつら / 入れ歯 / 杖 / ライター
表札 / 印鑑 / 賞状 / トロフィー
人形 / ぬいぐるみ
趣味の道具

仏具

仏壇 / 仏像 / 位牌 / 祭壇
神棚 / 神具
数珠 / お守り / 神札 / 遺影

人形やぬいぐるみは供養してもらう

人形やぬいぐるみは小さくて、重さもそれほど気にならないので、処分しようと思うと簡単そうです。
しかし、意外と処分にあたって頭を悩ますことになる遺品の一つです。

単純に飾りとして置いてあった人形であれば、それほど深く考える必要はないかもしれません。
自治体のルールに従って、簡単にゴミとして出すことは可能です。
もし、ゴミとして出す場合には、キレイな袋に入れるか、塩を入れて清めることをおすすめします。

ただ、故人が大切にしていた人形やぬいぐるみは、気持ち的に粗末には扱えません。
人形やぬいぐるみには、故人の思い出が詰まっていることが多くあります。
遺品整理を専門に行っている業者が一番処理に困るものとして挙げるのも、人形やぬいぐるみです。

  • 大事にしていた人形だから粗末に捨てたくない
  • 魂が宿っているかもしれない
  • もしゴミとして捨てて後で罰があたったら怖い

と思うようでしたら、費用がかかったとしても供養をしておいたほうが安心でしょう。

人形供養をしてくれる神社や施設はいろいろあります。
まずは、調べてみてください。
懇意にしているお寺や神社があれば、人形供養をしてくれるか聞いてみましょう。

中には、自分の子どもやペットと同じ感覚でぬいぐるみに接している人もいます。
よく考えて処分方法を選びましょう。