はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

お墓は何のために建てる?お墓を建てる3つの理由

f:id:barkaz6212:20150721220600j:plain

葬儀やお墓に対する意識の変化

ここ数年で、葬儀やお墓に対する考え方は大きく変わりました。
以前は、葬儀は地域の人が助け合って行う大事な儀式でした。
また、先祖のお墓は守るのが当然でした。

しかし、現在は、故郷を離れて、核家族やシングル世帯で暮らす人が増えており、地域とのつながりは希薄化しています。
葬儀に関しては、少人数で行う家族葬が一般的なものになりました。

boseki.hatenablog.com
お墓に関しても、地方では墓を守る人がいなくなり、無縁墓と呼ばれる引き取り手のない墓が増えて、深刻な問題になっています。

お墓を建てる3つの理由

一方で、都市部では、新しくお墓を建てる人が増えています。

新しくお墓を建てる人のお墓を建てる大きな理由は次の3つです。

理由①:自分たちのため、あるいは親のためにお墓を新たに建立する

先祖代々のお墓があってもそこには入らず、自分の代で新しくお墓を造る場合です。

家でいえば、新築にあたります。

実家の長男など現在あるお墓を継ぐ人がいれば問題ありませんが、継ぐ人がいない場合は、無縁化させないための措置をとる必要があります。

具体的には、永代供養墓として寺院などに管理を依頼したり、遺骨を共同墓などに合祀して墓じまいをしたりします。

boseki.hatenablog.com

理由②:実家のお墓を近くの墓地に移す(改葬)

郷里などにある古いお墓の遺骨を取り出して、新しいお墓に埋葬し直す場合です。

言ってみると遺骨の引越しで、改葬を呼ばれます。

墓石ごと新しい墓地に移転する方法もありますが、墓地によっては、古い墓石の使用を禁じているところもあります。

事前に確認しましょう。

boseki.hatenablog.com

理由③:実家のお墓を両家墓、永代供養墓などにかえる

夫婦ともに実家のお墓を継ぐ立場の場合には、のちのちの供養の利便性などを考えて、両家のお墓を合体させた両家墓に作り直すこともあります。

家でいうと、二世帯住宅への建て替えです。

また、自分に子どもや孫がおらず、あるいは独身のため、お墓を継いでくれる人がいない場合には、実家のお墓を永代供養墓として建てかえることもあります。

boseki.hatenablog.com