はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

公営墓地のメリット・デメリットと費用

公営墓地の特徴

公営墓地は、各都道府県や市町村など、地方自治体が管理・運営している墓地です。

都立霊園や市立霊園などとも呼ばれています。

公営墓地には公園墓地、芝生墓地、壁型墓地だけでなく、納骨堂や永代供養墓もあります。

公営墓地のメリット

永続性があり安心して利用できる

公営墓地は、お墓にとって最も重要な永続性が保証されているので、安心して使用することができます。

永代使用料や管理料が安い

公営墓地は、民営墓地に比べて永代使用料や管理料が安いため、希望者が多く、募集があるとかなりの高倍率になります。

宗教を問わない

公的機関は宗教に関与しないので、宗教を問わないので、仏教、神道、キリスト教、無宗教など宗旨・宗派の制限がなく利用できます。

公営墓地なら石材店が自由に選べる

民営墓地にお墓を建てる場合は、石材店が指定されているケースが多いです。

一方、公営墓地には石材店の指定はありません。

自分が選んだ石材店に発注することができます。

特に、デザイン墓石を建てたいなどの理由で特定の石材店を希望する場合は、石材店を自由に選べることは大きなメリットです。

公営墓地のデメリット

申し込み資格が必要

民営墓地に申し込むには各自治体によって定められた資格を有している必要があります。

例えば、その自治体に居住していることや、未納骨の遺骨があることなどです。

応募資格が限られていることも多いので、申し込み資格については各自治体に問い合わせましょう。

競争率が高くなかなか入手できない

地域によっては競争率が高く、また募集時期が限られているところもあり、なかなか入手できません。

実際に、都立霊園では、抽選倍率が30倍近い霊園もあります。

さらに、返還墓地を整備して新たに利用者を募集しているところでは、年度によって募集する場合としない場合があります。

墓地が広い

広々とした公園墓地が多く、広いことはメリットとも言えますが、敷地が広すぎて自分の墓を見つけにくい場合があります。

夷陵を認めていないところが多い

公営墓地には、生前にお墓を建てる夷陵を認めていないところが多くあります。

公営墓地の募集方法について

公営墓地の募集方法は各自治体によって異なりますが、年に1回公募があるのが一般的です。

広報紙や新聞などを通じて募集して、抽選が行われます。

申し込み資格は、民営墓地よりも厳しく、各自治体によってさまざまな条件があるのでよく確認しましょう。

一方で、公営墓地は、希望者も多いことから、取得するのが困難です。

手元に遺骨があって墓地を探していたら、タイミングよく近くの公営墓地で募集があったなんてことは少ないでしょう。

また、もしそのようなケースがあったとしても、抽選に当選しなければなりません。

ただし、これも地域によってかなり異なります。

都立霊園は非常に競争率が高いですが、どこもそのように高いわけではありません。

なかには通年で申込を受け付けている自治体もありますし、大阪市のように他県の人でも利用できる公営墓地もあります。

公営墓地は無理とあきらめずに、まずは自分の住んでいる自治体に問い合わせてみましょう。

石材店でも手続き代行を行っています

石材店によっては、公営墓地の申し込み手続きを無料で代行しているところもあります。

ただし、石材店に手続きの代行をお願いした場合には、抽選に当たって墓地を確保で来たら、その石材店に墓石の建立を注文するのが一般的です。

石材店に手続きの代行を依頼する場合には、事前に条件を確認しておきましょう。

公営墓地の墓地使用権の取得方法

公営墓地の使用権の取得を希望する場合は、管理している各自治体に直接申し込みます。

募集時期が年に1回など、決まっているところも多いので、期間内に忘れずに申し込みをして、提出書類をそろえましょう。

抽選や書類審査、使用料の払い込みを経て使用権を得ると、申請した自治体から使用許可証が交付されて、契約が成立します。

公営墓地の費用について

公営墓地の一番の魅力は、取得する際に必要な費用が民営墓地に比べて安いことと言っても過言ではありません。

また、今後長い間使用していくなら、年間管理料は安いに越したことはありません。

ただし、公営墓地であっても、東京都の青山霊園などは使用料が非常に高額です。

また、同じ墓地でも使用料は毎年変わります。

各自治体によって、費用の支払い方法は異なります。

例えば、都立霊園の場合、資料量が50万円を超える施設の場合、2~4回に分割して支払うことができます。

また、大阪市のように、管理料を20年分前納するところもあります。

公営墓地の例

東京都の都立霊園

boseki.hatenablog.com

大阪市設の泉南メモリアルパーク

大阪市設の霊園の1つ、泉南メモリアルパーク(阪南市)は、大阪市民、阪南市民の他、府下、府外の人でも応募することができます。

ただし、大阪市民、阪南市民以外は使用料が割高です。

申し込み時の必要書類は、本籍と世帯全員の記載のある住民票1通と、認印です。

都立霊園に比べると、申し込み手続きは簡単です。