はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

3分でわかる!ペットの葬儀とお墓のまとめ:あなたの愛犬のお墓はどうする?

f:id:barkaz6212:20160713191515p:plain

ペットが死んだときの対応

飼っていた犬や猫が死んでしまった場合、その後どうするのかについては、いくつかの方法があります。

①自治体所定の方法で、一般廃棄物として処分する
②自治体の火葬場または公共機関などで火葬する
③民間のペット霊園などの専門業者に火葬を依頼する

犬の死亡は届け出が必要

狂犬病予防法により、犬を飼う場合には市区町村に届け出が必要です。
届け出た犬には鑑札が交付されます。
飼い犬が死亡した場合には、市区町村に死亡の届け出をし、鑑札を返却しなくてはなりません。

①自治体所定の方法で、一般廃棄物として処分する

大切なペットを一般廃棄物として処分することに抵抗のある方も多いと思いますが、まずは、自分、あるいは自治体等で、処分する方法について記載します。

ペットが死んだ場合、その死骸は一般廃棄物として扱われます。
自治体に連絡すると自治体はゴミとして有料で処分します。
費用はペットの種類や重さによって異なりますが、1,000円~5,000円くらいです。

焼却は一般のゴミと同じ焼却炉を利用する自治体と、動物専用の焼却炉を使用する自治体があります。

また、ペットの死骸は墓地、埋葬等に関する法律で定められている人間の遺体とは異なるので、小動物の死骸は自宅の庭に埋めることもできます。
ただし、自治体によっては禁止しているところもありますので、庭に埋めたい場合には自治体に確認しましょう。

②自治体の火葬場または公共機関などで火葬する

公共機関は、「〇〇市動物管理センター」など、名称は自治体により異なります。
また、こういった自治体の火葬場または公的な火葬場があるかどうかは自治体によります。
ほとんどの施設では、複数まとめて火葬するため、収骨してお墓を作ることはできません。

③民間のペット霊園などの専門業者に火葬を依頼する

大切なペットをゴミ扱いすることに抵抗を感じる人も多いことでしょう。

ペット用のお墓に納骨したり、自宅の庭にお墓を作ったりして、手厚く葬りたいという場合には、この方法をとることになります。
最近ではペット専門の葬儀社や動物霊園を利用するペットオーナーは増えています。
葬儀(火葬まで)と霊園をあわせて扱う専門業者が多いようです。

専門業者の探し方

専門業者は、かかりつけの動物病院や経験者からの紹介や市区町村の役所に問い合わせるほか、電話やインターネットで探すと良いでしょう。
電話帳に「ペット霊園・葬祭」などの項目があります。

ただ、ペットの葬儀や動物霊園の経営には、法的な根拠がないので、信頼できる業者に依頼することが重要です。

専門業者に依頼する場合の葬送方法には、次の3つがあります。

  • 合同葬:業者が他のペットと一緒に火葬し、合同納骨所に納骨する
  • 個別葬:業者が個別に火葬して遺骨は納骨堂に納骨するか、飼い主に戻す
  • 立ち合い葬:飼い主立会いのもと、火葬・骨拾いをし、納骨するか持ち帰る

ペットを火葬にするだけでなく、亡くなったペットのメモリアルグッズを作成するサービスから、ペットロスに対応した葬儀プランの提供まで、サービスメニューも充実して、多様化しています。

ペットの葬儀にかかる費用

ペットの葬儀にかかる費用は、ペットの種類や大きさ、合同葬か個別葬にするかなどによって変わります。
中型犬を合同葬にした場合、約3~4万円程度が相場のようです。

ペットの火葬

boseki.hatenablog.com

ぺットの霊園

動物霊園は納骨堂タイプ*1と墓地に個別にお墓を建てる霊園タイプがあります。
ともに個別の場合は使用料の他、年間管理料もかかります。
寺院墓地の中にも区画を設けているところもあります。

ペットも一緒に埋葬できる?

大切なペットと一緒のお墓に入りたいという人も多くいます。

しかし、ほとんどのお墓では、宗教上の理由などから、人間と動物の遺骨を一緒に埋葬することはできません。
仏教では、人間は死後仏弟子として出家すると考えられていますが、動物も同様とは考えられていいません。

遺骨を墓に入れることを埋蔵と呼びますが、この場合の遺骨とは、人間の遺骨を言います。
犬の遺骨などは、法律上、単なるモノであって、捨ててもよく、また、庭先などに埋めても構いません。

納骨の時に副葬する

故人とともに、先に逝ったペットの遺骨を埋葬することがあります。
納骨の時に遺愛の副葬品として納める方法です。
ペットの遺骨を先祖代々の墓に入れることを、違法とする法律もないので、法律上できないというわけではありません。

ただし、墓については、墓地の管理者がおり、墓地に遺骨を埋蔵するには、墓の管理者の同意が必要ですが、こちらもまた人間の遺骨を前提にしています。
ペットの骨を入れることは、法律上の埋蔵ではなく、単にモノを墓に入れるのと変わらず、死者の遺品や写真を入れることと同じで、本来は管理者の同意を得るものでもないかもしれません。

しかしながら、墓地には国民の宗教的感情に適合するように、運営・管理するという目的があり、人間の墓に犬の骨を入れるということは、飼い主当人はともかく、墓地全体で見れば、なかなか全員の同意を得ることは難しいでしょう。
前世の悪行の報いで動物に生まれ変わるという宗教観や、動物と同一墓地を嫌う人が多いためです。

そのため、墓地の管理者は、このような観点から、墓地にペットの骨を埋蔵することを、一般的な管理の行為として拒絶することができます。
そして、もしそのような管理行為に反して、ペットの骨を埋蔵すれば、適法な管理に背いたということで、墓地に対して保有している永代使用権を取り消される理由になるかもしれません。

墓地のなかには、規則の中で、このようなペットの骨を埋蔵することをはっきりと禁止している場合もあります。
公営墓地ではペットの遺骨の埋葬は禁じられており、民営墓地でも禁止のところが多いです。

もし、ペットとの埋葬を望む場合は、墓地購入の段階から許可している墓地を選ぶようにしましょう。

ペットのお墓・墓石

ペットの墓地・納骨堂の使用料は、各霊園によって異なり3万円~50万円くらいで、年間管理料は2千円~1万円ほどになります。

ペット霊園の場合は5年間、10年間など使用期間が決められていることが多く、試用期間を経過した後は、遺骨を引き取るか合祀墓におさめる形をとっています。

ペットも一緒に入れるお墓

前述のように、寺院墓地では人間のお墓の中に動物の骨を入れることは基本的に認めていません。

そんななか、最近ではペットも家族の一員と考える方も増えているのも事実です。
そのため、10年程前からペットと一緒に入れるお墓を民営墓地や納骨堂の一角に設ける動きが活発になってきました。

ペットの遺骨も飼い主と同じ墓地に埋葬できる区画を設ける墓地が、従来のペット霊園だけでなく、民営墓地にも登場しています。
こういったペットと一緒に入れるお墓は、社会的にも認知されてきました。

通常は、ペットの死をきっかけに、生前にお墓を建てる、または納骨堂を契約することになります。

犬や猫だけでなく鳥でも、どんな種類のペットでも入れるお墓で、墓地の一区画に設けられたお墓の周りには、ドッグラン、ペットと一緒にくつろげるウッドデッキの休憩スペース、シャワー付きの水場なども備えられています。

ペットのほうが早く死亡した場合、その遺骨だけを先に納めることもできます。

まだ、どこの墓地にでもというのではなく、ごく限られていますが、広告、動物病院、インターネットなどで探せば、その区画をもつ墓地や、設備、内容などがわかるはずです。

東京都町田市にある町田いずみ浄苑の「With ペット」のほか、東京都の八王子メモリアルパークや千葉県のさくら浄苑など、その他、さいたま市、神戸市にもあります。

時代の変化とともにペットと一緒に入れる墓地が民営霊園で専用の区画を設けるなど増えつつあります。
家族とよく相談して決めて契約しましょう。

ペットの仏壇

ペット専用の仏壇もありますが、通常の仏壇から家具調の小さめサイズを選ぶ方法もあります。
また、骨壷にペットの遺骨を納めて、自宅に安置する方もいます。

ペットロス

ペットロスとは、大切な伴侶動物を亡くした場合に、人の死別を経験したときと同じようなショック・パニック状態に陥ってしまい、その後さまざまな症状が出ることです。
いつも身近にいた生命が消え、あの無邪気で愉快な交遊が失われたとき、心の中にぽっかりと大きな穴が開いてしまいます。
ペットとともに暮らす多くの人にとっては、単なる動物の死ではなく、家族の死に等しいものです。
人間の死と同じようにグリーフワーク(悲嘆を癒す作業)が課せられ、不安、怒り、鬱などの精神的症状や、頭痛、めまい、疲労感、食欲不振など身体的症状が現れます。

特にペットの場合には、罪悪感が強く出ると言われ、「なぜ早く気付いてあげられなかったのか?」や「治療を続けて苦しめたのではないか?」といった字関の年に苦しむケースもあるようです。

ペット葬祭事業に携わるスタッフの中でも、ペットロスについてカウンセラーの知識を保有する人が求められており、火葬・埋葬のみならず、アフターサポートにチカラを入れるペット葬祭事業者も増えています。

ペットの飼育率の増加や高齢化によって、今後ますますペットロスに対する関心は高まっていくことでしょう。

【業界分析】ペットの葬儀業界

ペットの葬祭市場は、飼育数の増大や衛生的な観点によるペットの火葬の増加により、今後も拡大していくと考えられています。

ペットの葬儀事業は大きく3つに分けられます。

  • 火葬サービス
  • 墓地・納骨堂の利用サービス
  • 墓地・納骨堂の管理サービス

このうち、火葬サービスが約8割の規模を占めています。

ペット葬儀業者の市場規模

ペットの葬儀・埋葬事業を行っている事業者数は、少なくとも全国で2,300ヵ所以上存在すると考えられています。
そのうち、火葬設備と納骨施設を併設するペット霊園は、全国で500ヵ所ほどあります。
全体の市場規模は、300億円~500億円とも言われています。

地域別にペット霊園の数を見ると、約3割が関東地方に集中していますが、2000年に入ってから各自治体でペット霊園設置に関する法律や条例が制定され、新規設置は減っています。

一方で、比較的条例等の制定が少ない西日本では、増加傾向にあります。

ペット葬儀の歴史と現状

ペット霊園という言葉は近年誕生したものですが、動物供養の歴史は古いです。
全国に家畜の塚、墓、慰霊碑など点在しています。
また、縄文時代の遺跡では、人骨と一緒に埋葬された犬の骨も発見されています。

もともと動物の供養塔のある寺院もありましたが、近年では檀信徒からの要望や寺院経営安定のために、新たにペット専用区画を設けて、運営する寺院も増えています。

しかしながら、宗教的・社会風俗的な理由で、境内や墓地へのペットの埋葬を忌み嫌う人がおり、また、ペット供養・霊園事業に対する課税問題などもあり、寺院によるペット霊園は微増にとどまっています。

ペット霊園事業への新規参入

ペット霊園事業への新規参入組の背景はさまざまです。
新規参入組には、不動産管理会社、ペットショップ、建設会社、廃棄物処理業者、動物テーマパークなどがあります。

ただし、ペット葬祭事業に関しては、運営基準などが省庁から示されていないうえ、一部自治体を除いて法的整備が十分になされていないため、飼い主とのトラブル、自治体と住民とのトラブルなどが多数報告されています。
こうしたトラブルを避けるため、事業者は料金やサービスの内容を明瞭化し、環境や安全性などの情報をオープンにすることが必要です。

特に移動火葬車については、過去に犯罪に利用されたこともあり、法整備が急がれています。

ペット霊園事業の業界団体

ペット葬祭事業の社会的認知と健全化を目的として、業界団体が設立されています。
ただし、未加盟の事業者も多く、業界の健全化は発展途上です。

全国動物霊園協会

平成17年7月に設立しました。

行政対策などを行う政治連盟、宗教的観点から霊園・火葬のあり方を考え指導する宗教部会、霊園・火葬場が及ぼす周辺環境への影響に対する対策を行う環境部会、霊園・下層業務に従事する者の体に及ぼす影響に対し専門知識を把握し対策を行う衛星部会、ペット火葬炉のメンテナンスなど、火葬施設の設備関係について研究対策を行う設備部会を置き、会員はいずれかの事業部会に参加し、動物霊園・ペット葬祭業の質の向上に努めています。

全国ペット葬祭業協会

平成17年10月に設立しました。

会員は固定火葬炉を保有するペット霊園です。
正会員になるためには、3会員からの推薦と理事全員の承認が必要です。

固定の火葬炉や待合室、駐車場などペット霊園として必要な施設が整っていることに加え、業界の質を向上させる意欲があるかどうかオーナーの質も問われます。

日本ペット訪問火葬協会

移動火葬車を用いた訪問火葬サービスを営むジャパンペットセレモニー、ペットPaPa、ペットセレモニーエデンが中心となって平成19年12月に設立しました。

加盟するには、火葬車の車両構造基準や点検基準、保険制度など定められた基準に合格することが条件となるほか、料金の明示とサービス内容の明瞭化を義務付けています。

*1:納骨堂タイプ:個別のスペースに骨壺を納め、他のペットの遺骨と合葬