はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

3分でわかる!永代供養墓とは?永代供養墓の費用の相場も解説!

f:id:barkaz6212:20160709000831j:plain

永代供養墓とは?

永代供養墓とは、承継者に代わり、寺院や墓地管理者が永代、もしくは一定期間にわたり、遺骨を管理、供養するお墓です。

お墓の承継を前提としないお墓で、身寄りのないシングル層を中心に需要があります。

また、お墓の承継の負担を子どもに負わせたくないという人も永代供養墓を選択しています。
自分の死後に頼れる人がいない、身内・子孫には苦労をかけたくないと考え、永代供養墓を希望する人が増えており、それにともなって、永代供養墓を取り扱う業者も増えてきています。
親が高齢になり、自分や配偶者にも老いが近づいてくるなかで、「墓はいらない」「遺骨をまいてほしい」と考える人は増えています。

しかし、遺骨の安置場所や故人を偲ぶ場合にどこで手を合わせるのかという問題は残ります。
そのような問題を解決し、親や自分の墓を適切に選び、末永く供養していくにはどうしたらよいのか。
その解決策の1つが、永代供養というかたちです。

寺院や墓地が供養する永代供養墓(合葬墓)

永代供養墓は、寺院や墓地の管理者が、供養や管理をしてくれるお墓です。
複数の遺骨を一時的に安置する納骨堂が永代供養も行うケースが増えています。
ロッカー式、棚式、仏壇式、お墓式などのスタイルがあります。

遺骨は個別に納めますが、三十三回忌や五十回忌などの期間を過ぎると、他の人の遺骨と合祀します。
最初から合祀するところもあります。

ハイテク化された納骨堂には、礼拝堂の参拝ブースで専用のICカードをかざすと、納骨箱(厨子)が自動的に運ばれてくるものもあります。

費用は、墓地を買って墓石を建てるよりも割安なことがほとんどです。

永代供養墓の種類

寺院や墓地が複数の遺骨の管理や供養を行ってくれるもので、次のようなタイプがあります。

ロッカー式

コインロッカーのようなスペースに納骨する

棚式

棚に骨壷が並んでいる

仏壇式

位牌と遺骨を納めるスペースが別になっている

合祀墓

遺骨を骨壷に入れずに共同で納骨する

永代供養墓は賃貸マンション!?

最近では、永代供養というお墓の広告を電車の中吊りや折込チラシで目にすることも増えています。
一族のお墓を承継せず、墓問題に直面している人の受け皿として、永代供養墓が最近急増しているのです。

では、永代供養墓とはいったいどんなもので、どんな祀られ方をするのでしょうか。

お墓を住まいに例えれば、賃貸の戸建てが旧来の家墓賃貸マンションが永代供養墓と言うことができるでしょう。
例えば、東京都内では、数千~1万基もの遺骨を1つのビル内に納めることができる永代供養墓(納骨堂)が次々と建設されています。
そして、団塊世代が75歳以上になる2020年には、ビル型の納骨堂の数は倍増すると言われています。

納骨堂は、中に入ると大理石のロビーホールに豪奢な調度品が置かれ、スーツでアテンドしてくれる支配人が立っていて、まるで高級マンションに入ったかのような雰囲気です。
ただし、これらのビル型の納骨堂は、ビジネスに近く、経営破たんのリスクもあることは念頭に置いておきましょう。

永代供養墓のタイプは、ビル型納骨堂だけではありません。
住職の発想によって、さまざまなタイプのものが出現しており、建物のデザインをモダンにしたものや、慰霊空間を工夫したりものなど個性的なものが次々と出現しています。
例えば、自然に還るイメージで人気を集めている樹木葬や散骨なども永代供養墓の一種です。
これらには、旧来の寺院にあるお墓のようなジメジメとした雰囲気は感じられません。

永代供養墓のメリット

メリット1:無縁墓にならない

永代供養墓のメリットは、お寺や業者が半永久的に墓地の管理を行ってくれるため、子孫がいなくても無縁墓にならないということです。

無縁墓とは、継承者、縁故者がいないと判断されたお墓のことです。

boseki.hatenablog.com

無縁墓を回避するために、さまざまな形式や手段が模索されてきた中で、今人気を集めているのが、永代供養墓です。

永代供養墓であれば、継承者が不在であっても管理は行われるので、お墓が無縁化してしまう心配がなく、無縁墓の増加に加担することがなくなります。

現在では、多くの人の共感を得て、希望者も増えています。

メリット2:手間がかからない

永代供養墓なら、お墓の管理や供養、維持などをお寺が行ってくれるので、手間がかかりません。

身内に手間や苦労をかけることもありません。

また、費用も料金支払い後は管理費が不要なので、金銭面も含めて、子どもや孫にお墓を継がせることを前提にしていません。

永代供養墓の特徴

永代供養墓には、次のような特徴があり、お墓を持つことへのハードルは低くなっています。

特徴①:承継者がいなくても契約できる

一般的な墓地は子どもなどお墓を継ぐ承継者がいないと契約できないのに対して、永代供養墓は承継者がいなくても契約できます。

特徴②:生前に契約できる

永代供養墓は、生前に契約することもできます。

また、料金一式を支払った後は、管理費が不要となります。

ただし、存命中は管理費が必要な場合もあります。

特徴③:一定期間経過後に合葬される

はじめから合同で埋葬されるものと、一定期間(三十三回忌、五十回忌など)までは個人墓や家墓として個別に供養されての戸に他の遺骨と一緒に合葬されるものがあります。

永代と聞くと、同じお墓でずっと供養や管理をしてもらえると思いがちですが、多くの場合は、三十三回忌や五十回忌までは永代供養墓での供養が行われ、その後に場所などは移されます。

なお、三十三回忌、五十回忌以後は、年忌法要を行わない弔い上げとします。

形はさまざまですが、半永久的な将来にわたって、供養や管理を行うのが、永代供養墓の基本です。

特徴④:経営形態は公営、民営、寺院の3つ

永代供養墓の経営形態も、一般のお墓と同様、公営、民営、寺院墓地の3タイプがあります。

永代にわたって管理、供養を依頼する以上、きちんと管理されていて、経営母体がしっかりしている墓地を選びましょう。

人材、資金ともに潤沢な本山クラスの寺院なら潰れる心配もなく、半永久的に祀ることができるでしょう。

一方、檀家数が100以下の寺院なら、寺院経営に不安があると言わざるを得ません。

空き寺になってしまうと、お墓は守れなくなってしまいます。

特徴⑤:宗旨・宗派を問わない

永代供養墓は、寺院墓地であっても、宗旨・宗派を問わずに受け入れるところが多いようです。

もともとお墓の継承者がいないという問題から生まれたのが永代供養墓なので、従来のお墓を持つための条件をすべて満たす必要はありません。

永代供養墓の利用条件は、お寺の判断にもよりますが、宗教・宗派・国籍をは一切問わないというものから、仏教であれば宗派を問わないや寺の宗派への帰依が必要などさまざまです。

ただ、供養はその寺院の宗派にのっとって行われることになります。

供養は、合同法要として行われるのが一般的ですが、回数は春・秋の彼岸とお盆の年3回行う墓地もあれば、毎月行う墓地もあるなどさまざまです。

また、永代供養の考え方は、宗派によって異なるので、まずはお寺に確認しましょう。

特徴⑥:檀家になる必要がない

特徴⑦:料金を明示している

永代供養墓を選ぶ人の例

多くの人は、お墓は先祖から代々続くものという考えを持っていますが、現実問題として、お墓を守っていく子孫がいないことがあります。

また、お墓に対する意識が変わり、従来通りのお墓の警鐘を望まないケースも増えています。

そうした子孫や身内に頼ることのない新しいお墓のスタイルが永代供養墓です。

永代供養墓の認知度の高まりとともに、さまざまな人が希望するようになりました。

しかし、利用する人の中には、次のような人が比較的多いといえます。

お墓の承継者がいない人

  • 生涯独身で過ごす人
  • 子どものいない夫婦
  • 子どもは結婚して改姓した娘だけの人
  • 子どもはいるが結婚していないため、子どもの代で承継者がとだえる人

子どもや孫に負担をかけたくない人

  • 子どもは離れて暮らしている人
  • 子どもや孫にお墓の維持などの負担をかけたくない人
  • 子どもや孫に頼れない人
  • お墓の管理や供養などの負担をお寺にすべて任せたいと考える人

その他

  • 未婚だが実家のお墓に入りたくない人
  • 家族と同じお墓に入りたくない人
  • 何らかの理由で、持ち墓、本家の墓に入れない人
  • 家族と宗旨・宗派が違う人
  • 金銭的にお墓に費用をかけたくない人
  • 無縁墓としたくない人

以上のような理由で、永代供養墓を選ぶことが多いようです。

永代供養墓の死後を安心して託せるという特徴は、上記のような人にとってはたいへん魅力的です。

独り身で親戚もおらず、後を見てくれる人がいない…というようなお墓の承継者がいない人はもちろん、承継者がいる人も積極的に利用しています。

十年後か百年後が、あるいはもっと先かもしれませんが、墓の承継者が途絶え、いずれはどのお墓も無縁墓になってしまう可能性が高いので、自分の代でその後の管理が保障されている永代供養墓を選ぶ人が多いようです。

永代供養墓の手続きの流れ

①永代供養墓のタイプを決める

個別安置型、集合型、合祀型など、永代供養墓と言ってもさまざまなタイプがあります。
自分が何を希望しているかを考えて、どのタイプにするか決めましょう。

②どのくらいの頻度で供養してもらうかを考える

お寺によって供養の頻度は異なります。
毎年の春秋の彼岸に行う、年に1回、月に1回などさまざまです。

③条件を確認する

宗旨・宗派を問わないという条件が少ないところから、檀家になることが条件など一定の条件を設けているところもあります。
事前によく確認しましょう。

④お寺を決定する

さらに料金や費用、お墓の場所や供養の方法なども吟味して、お寺を決定しましょう。

⑤永代供養墓へ納骨する

永代供養墓への納骨を行います。
お墓のタイプによって方法が異なるので、お寺の指示に従いましょう。

永代供養墓の申し込みから供養までの流れの例

  1. 施設内を見学する
  2. 本人が契約して会員登録する
  3. 契約して1ヵ月後以降に戒名を授かる(受戒式)
  4. 毎月の法要や年間行事、同好会活動などに参加できる
  5. 契約者の死亡後に分骨を納骨して法要を行う
  6. 永代供養され三十三回忌以降は合祀される
    遺族による法事はいつでも行える

永代供養墓の形態

永代供養墓の形態はさまざまです。

①遺骨の安置方法による分類

遺骨の安置方法で分類すると、次の3つがあります。

不特定多数の人が同じ場所で眠るという特徴から、共同墓と混同されがちな永代供養墓ですが、多くの永代供養墓は知らない人と同じ場所に納骨されることに抵抗感がある人のために、個別に行われています。

合祀型になるのか、個別型になるのか、事前に確認しましょう。

個別安置型

個人の遺骨を個別の場所に骨壺のまま安置するタイプです。

集合型

骨壺を他人と共通の棚や安置場所に置くタイプです。

合祀型

お骨を共同墓の墓所内にあけて合祀するタイプです。

②墓標の立て方による分類

墓標の立て方で分類すると、次のようなタイプがあります。

一般的なお墓のように個別に造られたお墓から、地下にお骨安置用の納骨室(納骨棚)をつくり、その上に仏像や碑など建立したタイプ、納骨室(納骨棚)の下に合祀スペースを設けたお墓、合葬墓が行える納骨堂があるものなど、さまざまです。

どのようなお墓に入りたいかを考えて、じっくりと選ぶことが大切です。

単独墓型

一般的なお墓と同様に、単独の墓石を建てて、そのカロートに納骨するタイプです。

従来のお墓同様に、明確な境界線が示された区画がいくつも用意されており、その一区画を購入します。

寺院墓地の中には、その一画を永代供養つきとしているところもあります。

従来のお墓に近い外見をしているため、永代供養墓を利用することがはじめての人でも抵抗感のないつくりになっています。

通常、一定期間供養してくれた後は合祀され、墓石は撤去されます。

納骨堂型・納骨棚型

個々に遺骨を建物内の収蔵施設のある納骨堂に安置するタイプです。

大都市圏を中心にこのタイプの巨大な納骨堂が急増中です。

収蔵施設には、ロッカー式、棚式、仏壇式、お墓式などがあります。

自動搬送式の納骨堂も増えています。

納骨するときは、骨壺のままで納骨スペースに納めます。

一定の期限(三十三回忌など)後は、他の遺骨と合祀されるのが一般的です。

納骨塔型・共同墓型

屋外に1つの大きめの石材でできたモニュメント(記念碑や塔など)を設けて、主にその地下に遺骨を安置するタイプです。

遺骨を骨壺で収蔵するタイプ、骨壺からあけて合祀するタイプ、両方を備えたタイプなどがあります。

血縁のない人たちが一緒に埋葬されるので、共同墓とも呼ばれます。

また、合同墓、合装墓、合祀墓とも言われ、都立霊園では合装埋蔵施設と呼んでいます。

共同墓では、多くの場合、遺骨は骨壺で安置され、一定期間が過ぎると骨壺から出され、ほかの遺骨と一緒に埋葬されますが、最初から合祀される墓地もあります。

樹木葬型

墓石の代わりに樹木を墓標として植えるのが樹木葬型で、永代供養墓の新しいスタイルです。

宗派を問わないことが多いです。

カロートや骨壺を必要とせず、遺骨が土に還るイメージもあり、自然との共生を考えている人に支持されています。

個々の区画ごとに木を植えるタイプ(墓標型)と、シンボルツリーを植えてその周りに遺骨を生めるタイプ(公園型)があります。

遺骨は骨壺のまま埋蔵する墓地もあれば、遺骨そのものを埋蔵する墓地もあります。

墓地として許可された土地で行うため、埋蔵した場所や氏名などの記録が残ります。

boseki.hatenablog.com

永代供養墓の費用

永代供養墓にかかる価格は、行われるお寺によってさまざまです。

また、半永久的にお墓を管理してくれるお寺もあれば、期限付きで管理を行うというお寺もあります。

さらに、骨壺の安置の方法や期間、供養の仕方によって、永代供養墓の費用は10万円から300万円を超えるところまでかなりの幅があります。

永代供養墓は、墓地によって呼び方も異なり、料金相場も異なります。

契約に際しては、いろいろな永代供養墓を見て、比較検討しましょう。

一般的なものであれば、40万円前後が相場なので、従来のお墓を購入して、管理費を払い続けることを考えれば、リーズナブルな価格と言えるでしょう。

納骨の際に支払う費用を除けば、永代供養墓では、遺族から管理費などをとらないお寺も多いため、経済的な余裕がない人でも安心して利用することができます。

永代供養墓の期間

遺骨の安置期間は、三十三回忌までや、納骨後20年間など、期限が設けられていることがほとんどです。

三十三回忌を一区切りとして、三十三回忌を過ぎたら、合同区画に合葬するというところが多いです。

条件などにもよりますが、三十三回忌を過ぎた後も、今までと同じ場所での供養を希望する場合には、フリープランを提案するなど、オプションによって対応しているお寺もあります。

なかには、最初から合祀する墓地や半永久的に骨壺のまま供養してくれる墓地もあります。

永代供養墓の注意点

一見、個性的でかつ料金や仕組みもわかりやすい永代供養墓ですが、安易に飛びつくのは危険です。

下調べをせず、イメージだけで永代供養墓を選ぶことは避けましょう。

安易に永代供養墓を求めた結果、失望し、トラブルに発展するケースもあります。

例えば、永代供養なら永久に供養してもらえるという勘違いです。

永代供養墓は、不特定多数の故人と同じ場所に埋葬され、年会費の納入が続く限りは、そこで供養してもらえるというのがコンセプトです。

つまり、一般のお墓と違って、一族が守っていかないので、死後もずっと供養してもらえるかどうかの保証はありません。

また、散骨、樹木葬や海洋葬のイメージが先行して、死後、大自然のなかに還ることができると思い込んでいる人もいることでしょう。

しかし、散骨の現場に立ち合った家族が理想と現実のギャップに直面して困惑するケースも出てきています。

さらに、ビル型永代供養墓を購入した人が、やっぱり普通のお墓がいいと埋葬し直すという事例もあります。

まずは、お墓選びの確かな情報と知識、心構えを身につけましょう。

永代供養墓を選ぶ時のポイント

永代供養墓は、利用者のニーズにあわせたさまざまなスタイルがあります。
経営母体によっても供養方法が異なることがあるので、購入の際は複数の施設を実際に見学して、次の点を確認して決めましょう。

供養の期間

施設によって異なり、供養期間が三十三回忌まででなく、10年や15年などに限られている場合もあります。

供養の方法

具体的な法要の内容

納骨スタイル

ロッカー式や墓式などのどれか

施設環境

屋外型か屋内型か

価格

価格に見合ったサービスか、年会費の有無など

選んではいけない永代供養墓のポイント

日本には、およそ77,000の寺院があるとされていますが、多くの寺院で永代供養墓の運営が始まっています。

永代供養墓の基本形は、仏塔や菩薩像の下に納骨スペースを備えているタイプで、寺院にとっては、投資額も安く、リスクが小さいといわれます。

しかしながら、なかには数千基も収納できる巨大納骨堂も出てきていますが、投資金額を回収できずに経営破たんしてしまう法人もなかには存在しています。

そんなリスクを少しでも回避するために次のような永代供養墓は選ばないようにしましょう。

  • 僻地にある大型の永代供養墓
  • 住職や運営主体が不明な永代供養墓
  • 自宅からのアクセスが悪い永代供養墓
  • お供えの花が枯れているような永代供養墓
  • 檀家になることを強要する永代供養墓

永代供養墓の供養の頻度

お寺にもよりますが、多くのお寺では、毎年の春秋の彼岸、お盆はもちろん年に数回、または毎月1回、定期的に合同供養を行っています。

希望があれば、祥月命日の供養や回忌供養を行ってくれる場合もあります。

申し込む前に、一度、そのお寺で行われる供養を見て確かめてみるのもよいでしょう。

永代供養墓ならお墓を没収されることはない

一般的なお墓の場合

公営、民営を問わず、一般的な墓地は、管理や土地不足の問題から、管理費を滞納したり、承継する人がいなくて無縁墓になってしまった場合は、お寺がお墓を没収して、再貸付する仕組みはとられています。

永代供養墓の場合

しかし、永代供養墓の場合は、一括で管理費を支払うことがほとんどで、支払い後は何の費用も必要としないため、管理費の滞納による没収の心配はありません。

また、支払いの条件には、永代管理が含まれていることが多く、故人が無縁仏になることもありません。

東京の永代供養墓

奥多摩霊園 やすらぎの里

次のような永代供養の納品形態を選べます。

  • 33年または50年間個別のお墓に入ったのち集合型のお墓に入る個別墓
  • 20年間骨壺のまま安置されたのち他の遺骨と合祀される合同墓
  • 最初から遺骨を合祀する合祀墓

奥多摩霊園 永代供養「さくら」

シンボルツリーの桜を囲み、遺骨を埋葬する形の樹木葬型永代供養墓地です。

1区画2体まで埋葬できます。

先祖代々のお墓はどうする?

承継者の問題などから、自分が永代供養墓に入ると決めた場合には、先祖代々のお墓をどうするかも考えなければなりません。

そのままにしておくと無縁墓になってしまうからです。

先祖代々のお墓も永代供養墓や納骨堂への改葬を検討しましょう。

その場合の永代供養料は改葬する遺骨の数などで異なります。

永代供養の新しい形、共同墓(合葬墓・合祀墓・合同墓)とは?

共同墓は、永代供養墓と混同されやすいですが、永代供養を前提としていない点が異なり、永代供養墓と区別して考える必要があります。

boseki.hatenablog.com