はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

寺院の檀家とは?檀家になるといろいろな出費があるの?

f:id:barkaz6212:20160925204519j:plain

檀家になるとはどういことか?

永代使用権付きの家墓を求めた時点で自動的に檀家になります。
檀家になったときには、菩提寺に対する義務が生じます。

boseki.hatenablog.com

墓地は不動産とは異なり、あくまでも一時的に使用権を得ているにすぎません。

檀家には墓地管理用(使用料)や護寺費(寺院の維持のための積立金のようなもの)の納入が義務づけられていて、仮に墓地管理料を一定期間、納めなければ無縁墓として撤去される恐れがあります。

また、葬式や法事は菩提寺で行う必要があります。

寺院の檀家になるといろいろな出費があるってホント?

檀家には、お寺の経営を支える義務があります。
お寺は、檀家が納めるお布施や護寺会費、寄付、墓地管理料によって運営されています。
そのため、檀家になるとお墓の管理料だけでなく、お寺を再建したり、改築する際には寄付を求められたり、備品の寄進を求められることがあります。

また、お寺の行事に参加して、その際にお布施を納める場合もあります。

ただし、お布施はいくら出さなくてはならないというものではありません。
あくまで気持ちですので、できる範囲で納めましょう。

檀家になると、葬儀や法要などを檀那寺で営むことができるだけでなく、日頃から僧侶の回向が受けられるなどのメリットもあります。
出費だけを考えるのではなく、プラスの面も踏まえて、寺院墓地を考えてみてはいかがでしょうか。

宗旨・宗派不問のはずが檀家になるように言われた場合

「宗旨・宗派不問」や「宗教を問いません」などと広告している墓地は数多くあります。

少しわかりにくい表現ですが、寺院が管理する寺院墓地の場合、「納骨する前までであればどんな宗教でも構いません」という意味になります。

お墓を建てた後は、檀家となり、その寺院の宗教・宗派の供養形式に従うのが一般的です。

宗教形式に関しては、墓地の運営母体によって考え方が大きく変わりますので、契約時に必ず確認することが大切です。
無宗教のままで納骨したいということであれば、自治体や民間企業の運営している霊園を選ぶとよいでしょう。