はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!納骨堂とは?納骨堂の費用・価格や選び方など徹底解説

f:id:barkaz6212:20160708171708j:plain

納骨堂とは?

納骨堂は遺骨を収蔵する屋内型施設のことで、遺骨を土に埋めないことがお墓と納骨の大きな違いです。
1ヵ所に多くの遺骨を納める合葬型の場所を納骨堂ととらえている人が多いようですが、現在の納骨堂は親族だけの遺骨を収蔵する個別型が主流です。

また、納骨堂というと、以前は、墓を建てるまでの仮置き場で一時預かりのイメージがあるかもしれませんが、近年の購入者の多くは永代にわたって使用する契約をむすんでいます。

法律上では納骨堂はお墓と同じ扱いで、感覚としては墓の屋内版といった感じです。
墓地のお墓は土地付き一戸建て、納骨堂は分譲マンションと例えるとイメージがわくかもしれません。

納骨堂には、公営のものと民営のものがあり、両方とも増えています。
納骨堂にもいろいろあり、法事をする施設や斎場を備えたものもありますし、文字通り納骨だけの施設のものもあります。

納骨堂の利用が増えています

最近では、東京都内を走る電車内で、納骨堂の広告を目にすることもあるかもしれません。
ただ、遺骨は土中に埋葬するのが正しいというイメージが強く、納骨堂のように屋内に他の遺骨とともに収蔵するというのはまだまだ違和感のある人が多いことでしょう。
しかし、なかには墓石を建てるタイプもありますが、墓石が不要で墓を建てるよりも安価であることから増えてきています。

また、スペースを取らず、屋内で管理がしやすいことから、便利な場所に作ることができ、都市部で増えてきています。
都市部以外にも、豪雪地域や高齢者世帯でも、墓地に行くよりもお参りしやすいという理由から、納骨堂を選ぶ方がいます。
その他、無縁になれば整理されてしまう点は、通常の墓と変わりません。
お墓の承継者がいない、予算内で買えるお墓が家から遠すぎる…そういった理由でも納骨堂の利用者は増えています。

さらに、近年の納骨堂は、『宗旨・宗派を問わない』と掲げているところも多く、菩提寺のない人のほか、神道やキリスト教など仏教以外の宗教を信仰している人の利用も増えています。

名古屋で納骨堂を検討されている方は、是非コチラの記事をご覧ください。

boseki.hatenablog.com

納骨堂の基礎知識

納骨堂は、承継者がいなくても利用できるところが多くあります。
利用制限は施設によってまちまちです。
使用期間が定められている場合もありますが、三十三回忌や五十回忌など一定期間を経過した後、永代にわたって遺骨は管理されます。
納骨堂の預かってもらう権利は、墓の場合の永代使用権に準じるものとなります。

法律的には、お墓と同じ扱いのため、納骨堂の開設には、都道府県知事の認可が必要となります。
経営形態もお墓と同様に、多くが公営や民営、寺院による運用です。
納骨堂を選ぶときは、墓地と同様に、管理、経営状態がしっかりしているかは納骨堂で選ぶうえで重要です。

また、納骨堂に納骨する際も、お墓に納骨するときと同じく埋葬許可証が必要となります。

boseki.hatenablog.com

納骨堂に預けておいた遺骨を他の納骨堂やお墓に移す場合には、改葬の届け出が必要です。
そして、管理料などの長期不納や権利者の行方不明などで無縁として整理されるのも墓地と同じです。
期限切れや管理費を払う人がいなくなると、遺骨は永代供養墓に移されて供養されます。

納骨堂のメリット

  • 遺骨を土に埋葬せず、屋内に収蔵。屋内なので雑草が生えたり、風雨にさらされないため、手入れ・管理がしやすい。
  • 都市部では交通が便利な場所にある施設が多く、お参りしやすい
  • 朝早くから夜遅くまで開いているところがある
  • セキュリティー万全で夜のお墓参りも怖くない
  • 屋内なので季節や天候に左右されずお参りができる
  • 墓石などが不要なので安くすむ
  • 墓石がなく、永代契約ではないため改葬が楽
  • のちのちの合祀も容易
  • 承継者なしでも購入できる
  • 寺院の経営でも宗派不問の場合が多い

納骨堂のデメリット

  • お花やお線香を供えられないところも多いなど、お参りのときの雰囲気や満足感に欠け、従来のお墓参りと同じ作法では行えない
  • 墓を建てたという感覚が持てない
  • 納骨堂の建物や施設事態の老朽化や破損の心配がある
  • 普及し始めたのが1990年代後半と最近のため、今後どうなるかという先行きが見えない、また将来のメンテナンスに不安がある
  • 管理費が通常の墓よりも高いところもある。特に自動半葬式は施設メンテナンスに費用がかかるので高額になる傾向がある
  • 収蔵契約は期間を区切っての更新制となる
  • 使用期限がさまざまで事前の確認が必要
  • 骨は土に還すと考える人には抵抗感がある

納骨堂の選び方

納骨堂を選ぶ際には次のようなポイントをチェックしましょう。

  • 宗旨、宗派は問われるか?
  • 供養はどのようなかたちで行われるか?
  • 納められる遺骨の数は?
  • 収蔵の期間、更新の手続きはどのようになっているか?
  • 最終的な遺骨の収蔵、埋蔵先はどのようなところか?
  • 直接遺骨の前に行ってお参りできるか?
  • 使用料の他に管理費などが必要か?
  • 管理、経営状態はしっかりしているか?
  • 施設が老朽化した時などの修理はどのように行われるか?

納骨堂のタイプ

以前は、ロッカー式のイメージが強かったようですが、最近では、施設も工夫が凝らされるようになってきています。
そのため多くの人たちに納骨堂は受け入れられるようになっています。

納骨堂には主に5タイプあります。

  • ロッカー式
  • 自動搬送式
  • 棚式
  • 仏壇式
  • お墓式

ロッカー式

ロッカーのように、個別の収蔵庫が縦横に並んだタイプです。
コインロッカーとしか言えないものや、小さな墓石や仏壇のようなものもあります。
上段と下段で料金が異なることがあります。
仏壇式より区画が狭く、費用を抑えることができます。

自動搬送式

お参りしたいときに収蔵庫の遺骨を機械で呼び出すシステムです。
カードキーをかざすと収納スペースに納められた骨壷が。礼拝スペースまで降りてきます。
立体駐車場の技術が応用されています。
土地に余裕のない都心部で増えています。

boseki.hatenablog.com

棚式

棚に骨壺を並べて収蔵するタイプです。
仏壇などの後ろにある棚に遺骨を納めます。
専用の礼拝スペースから手を合わせるようになっているものが多くあります。
自分のご先祖様の骨壷がどこにあるのかわからないので、ご先祖様を直接拝んでいるという感覚を持ちにくい人もいるようです。

仏壇式

寺院の運営する納骨堂で主流になっているタイプです。
納骨スペースに仏壇と同じような装飾を施して、本尊や仏具を設置します。
上段が仏壇になっていて位牌を安置でき、遺骨は下段に納めます。
記念品や写真などを納められるところもあります。

お墓式

お墓を屋内に建てるタイプです。
屋内墓地とも呼ばれます。
施設内の区画の中に、新しく墓を建てます。
花や線香を供えたり、水をかけたり、一般の墓地と同じようにお参りできるところもあります。
費用は高くなりがちです。

納骨堂の費用

boseki.hatenablog.com

納骨堂の収蔵期間

納骨堂の収蔵期間は、さまざまです。
お墓ができるまで一時的に遺骨を預かる場合から、お墓のように永代にわたって遺骨を収蔵する場合など、施設や契約によって大きく異なります。
納骨堂の多くは、期間限定の契約で更新制です。
収蔵期間は1年、3年、10年というように限られており、契約満了時には契約更新をして、引き続き、使用することができます。

一方で、遺骨を永代にわたり収蔵する永代収蔵をする納骨堂が増えてきています。
ただ、永代といっても収蔵の方法やその期間には各施設によって違いがみられます。
遺骨をずっと個別に収蔵しておくケース、一定期間は個別収蔵でその後は他の遺骨と合祀して埋蔵するケースなどです。
契約の際には、遺骨が最終的にどこにどのように納骨されるかを確認しましょう。

納骨堂で収蔵できる骨壺の数

骨壺を1器のみ収蔵できる施設から、遺骨8体分まで収蔵できるものなど、納められる遺骨の数は施設によって変わってきます。
「6体まで」といったようなところでは、家族一緒に入ることができますので、収蔵できる遺骨の数は、購入を考える上で重要なチェックポイントになるでしょう。

納骨堂で収蔵できるモノ

納骨堂の中には、遺骨以外にも、故人の写真や記念に残るものなどを納められるところもあります。

納骨堂の管理体制もしっかりチェックしよう

納骨堂は、建物の中に遺骨が収蔵されているため、建物の老朽化や災害による被害に対する対策は重要です。
万が一の場合に備えた安全対策を確認しましょう。
また、改修や修理の必要が生じた場合の費用負担についても確認しておきましょう。
払っている使用料のなかに修理費用も含まれている場合もあります。 

納骨堂と永代供養

最近では、納骨堂といえば、永代供養というようなイメージがついています。
広告などでも納骨堂で永代供養を、などの表現が見られます。

納骨堂で永代供養をするには2つの方法があります。

  • お骨を骨壺に入れて、そのまま個別に永代に供養
    ⇒この永代がいつまでを表現しているかはまちまちです。
  • 一定期間は納骨堂で骨壺のまま個別に預り、将来は他のお骨と一緒に合祀する
    ⇒こちらの将来についても数年後のところから50年というところまであります。

一般的に、日本ではこのような期限付きの供養については抵抗があるようです。
これは、日本ではお墓は祭祀承継物という意識が強いためのようです。

一方、海外ではどうでしょうか?
火葬実施率の高いプロテスタントの国を中心に、ヨーロッパでは霊園を10~20年の期限貸付とするケースが多いようです。
もともと個人墓が中心の欧米では、お墓を承継する意識はないようです。
そのため、このような期限付きのものが普及しているようです。

納骨堂のお参り方法

納骨堂のお参りでは、場所によって焼香やお花、お供物の持ち込み方法が異なります。
多くの納骨堂では、水や花、線香などを備えて、墓石に向かって拝むといった一般的なお墓参りをすることはできません。
花を供えたり、線香を供えるのは、共同の参拝所でするところが多く、収蔵庫へ立ち入ることも規制され、直接遺骨を前にして拝むことができない納骨堂が多くあります。

ただ、最近では、コンピュータシステムで管理する納骨堂も出てきています。
直接個々の遺骨にお参りできるように、祭壇で登録カードをかざすと、遺骨が自動で収蔵庫から祭壇まで運ばれてくるといった感じです。

また、なかなかお参りに行けない方のために、インターネットで納骨堂の様子が見られるシステムを取り入れているところもあります。

納骨堂への収蔵を検討する場合には、このようなお参りの方法も現地を下見、確認して、自分たちで納得できるお参りができるかどうか確認しましょう。

納骨堂を自宅に造れるのか?

納骨堂と言えば、ただ骨を収める建物という意味ですが、法律の観点から言うと、納骨堂は、他人の委託を受けて焼骨を収蔵する施設のことです。
自分の所有する遺骨を安置するだけの建物は、法律上の納骨堂にあたりません。
そのため、家族の遺骨を仏壇に置いたりすることは納骨堂としての法的な制限はありません。
また、遺骨を自宅に置いてはいけないという規定もありませんので、火葬後の遺骨を安置するための自家用の納骨場所を造ることはできます。

ただし、先祖の骨を墓から移すとなると、話は異なります。
この場合は、改葬の許可が必要となります。
そして、墓地や正規の納骨堂でないところへの改葬についてはほぼ許可はでないため、自宅に納骨堂を造って改葬することはできないでしょう。

納骨堂の探し方

納骨堂を探しているなら、首都圏石材協同組合が運営するもしもドットネットを利用するとよいでしょう。
もしもドットネットは、PC・スマホ向けの霊園・墓地検索のポータルサイトです。

霊園・墓地に関する資料請求件数は、高齢化社会に伴い年々増加傾向にあります。
もしもドットネットでは、霊園・墓地をお探しのお客様に対し、多様化した様々なニーズにお応えする全国各地の多彩な霊園・墓地を紹介しています。
物件掲載数は、2015年7月時点で全国1,300件強と豊富です。
納骨堂も掲載されているので、もしもドットネットから納骨堂の資料請求をすることができます。

東京都の納骨堂

納骨堂 タイプ 宗旨宗派 所在地 永代使用料
霊通寺 永代供養付 宝塔納骨堂 寺院墓地 不問 東京都葛飾区東金町4-20-11 35.0万円
感應寺 寺院墓地 日蓮宗 東京都江戸川区一之江7-23-11 0.60㎡(0.75×0.80m) 90.0万円
感應寺 「永代納骨堂」 寺院墓地 日蓮宗 東京都江戸川区一之江7-23-11 30.0万円
妙泉寺 永代供養墓・納骨堂 久遠廟 寺院墓地 不問 東京都江戸川区谷河内1-6-12 8.0万円
江戸川 観音浄苑 民営霊園 不問 東京都江戸川区平井4-17-2
善福寺 屋内納骨壇・麻布山廟 寺院墓地 在来仏教 東京都港区元麻布1-6-21
伝燈院 麻布浄苑 民営霊園 不問 東京都港区元麻布2-5-8
高輪庭苑 寺院墓地 不問 東京都港区高輪2-16-13 50.0万円
魚籃寺 納骨堂・永代供養墓 寺院墓地 在来仏教 東京都港区三田4-8-34 52.0万円
伝燈院 赤坂浄苑 寺院墓地 不問 東京都港区赤坂4-2-32 150.0万円
実相寺 青山霊廟 民営霊園 在来仏教 東京都港区北青山2-12-9 1基 24.0万円
東京御廟 民営墓地 不問 東京都荒川区荒川7-14-8 一人用 53.0万円
應慶寺納骨堂 寺院墓地 不問 東京都渋谷区元代々木町24-3 1基 170.0万円
立正寺 寺院墓地 不問 東京都渋谷区代々木4-23-13 1区画 90.0万円~
新宿瑠璃光院 白蓮華堂 寺院墓地 不問 東京都渋谷区代々木二丁目4-3
小平ふれあいパーク民営霊園宗教不問現地レポ 民営墓地 不問 東京都小平市天神町2-23-1 集合墓 50.0万円
新宿琉璃殿(東京牛込琉璃殿) 民営霊園 不問 東京都新宿区原町2-20 19.0万円
観音寺 寺院墓地 真言宗 東京都新宿区高田馬場3-37-26 39.0万円
東福院 四ッ谷納骨堂 民営霊園 在来仏教 東京都新宿区若葉2丁目2番地
新宿御苑前聖陵 寺院墓 不問 東京都新宿区新宿2-9-7
放生寺 永久の会墓苑・倶會一処墓苑 寺院墓地 東京都新宿区西早稲田2-1-14
早稲田納骨堂 寺院墓地 在来仏教 東京都新宿区早稲田町77番地 48.0万円~
南春寺 寺院墓地 不問 東京都新宿区弁天町103 1区画(1人)  15.0万円
築地本願寺 和田堀廟所 納骨堂 寺院墓地 浄土真宗 東京都杉並区永福1-8-1 1壇 40.0万円
経堂 ゆいの御廟 寺院墓地 不問 東京都世田谷区宮坂2-24-5
世田谷 常在寺 寺院墓地 在来仏教 東京都世田谷区弦巻1-34-17 60.0万円
瀬田 桜花浄苑(法徳寺 桜花浄苑) 寺院墓地 不問 東京都世田谷区瀬田1-7-7 1霊 21.5万円
赤堤の郷 民営墓地 不問 東京都世田谷区赤堤3-22-4
別院満足院 浄光殿 寺院墓地 不問 東京都世田谷区梅丘1-54-1
専念寺 納骨堂 寺院墓地 不問 東京都足立区伊興本町2-14-2 1区画 31.0万円
江北山 清水寺 和光苑 寺院墓地 不問 東京都台東区松が谷2-25-10 30.0万円
寛永寺 永代供養墓「光明閣」 寺院墓地 天台宗 東京都台東区上野桜木1-16-28 50.0万円~
都立 谷中霊園 公営霊園 不問 東京都台東区谷中7-5-24 54.2万円~
専修寺 関東別院 寺院墓地 浄土真宗 東京都大田区西六郷4-22-12 0.289㎡ 70.0万円~
曹禅寺 池上大乗霊堂 寺院墓地 不問 東京都大田区池上7-22-10
築地本願寺 築地本願寺納骨堂 寺院墓地 浄土真宗 東京都中央区築地3-15-1 1区画 150.0万円
南大沢バードヒルズ 永代供養墓 民営霊園 不問 東京都町田市上小山田町2072 1体 15.0万円
正善寺別院 仙川霊廟 民営墓地 不問 東京都調布市若葉町1-42-5 1体 50.0万円~
正善寺 調布霊廟 民営墓地 不問 東京都調布市調布ヶ丘3-8-1 50.0万円
都立 小平霊園 公営霊園 不問 東京都東村山市萩山1-16-1 4.1万円
クリプタ板橋セントソフィア 民営墓地 不問 東京都板橋区赤塚5-12-23 1霊位 30.0万円~
霊源寺納骨堂 博眞閣 寺院墓地 不問 東京都品川区荏原1-1-2 40.0万円
目黒駅前大師堂 寺院墓地 不問 東京都品川区上大崎2-13-36 15.0万円
ひかり陵苑 民営霊園 不問 東京都品川区西五反田4-12-1
天妙国寺 永代供養納骨堂 鳳凰堂 寺院墓地 不問 東京都品川区南品川2-8-23 1人 25.0万円~
法界萬霊 永代供養合祀墓 寺院墓地 不問 東京都品川区南品川2-8-23 1霊 10.0万円
本郷陵苑 民営霊園 不問 東京都文京区本郷1-8-18 1体 80.0万円
萬栄寺浄苑 寺院墓地 浄土真宗 東京都北区田端5-7-7
春慶寺納骨堂 えにしの苑 民営霊園 不問 東京都墨田区業平2-14-9 個人 58.0万円
吾妻橋天空陵苑 民営墓地 不問 東京都墨田区東駒形3-23-9 48.0万円
両国陵苑 民営霊園 不問 東京都墨田区両国2-7-13 1基 90.0万円
天恩山 五百羅漢寺 目黒霊廟 民営霊園 不問 東京都目黒区下目黒3-20-11 1基 350.0万円
ねりま平和観音 寺院墓地 浄土宗 東京都練馬区練馬4-26-21 1区画 58.4万円~

多磨霊園の納骨堂の例

納骨堂では遺骨は大きな建物の中に納められています。
多磨霊園では、石でできたドーム型をしていて、その大きさも直径約61メートル、高さ20メートルという大きなものです。
その内部には、中央にホールがあり、それを囲むように壁面にロッカー式の長期収蔵施設があります。
その数はここでは約5,200で、合計20,000体以上の遺骨が納められるようになっています。
5,200に対して、20,000体以上の遺骨が納められるのは、ロッカーの大きさによって各々納められる遺骨の数が違うためです。

東福院 四ッ谷納骨堂

上記の通り、最近都心では納骨堂が流行しています。
その中で、東福院は438年の歴史がある直接参拝式の納骨堂です。
費用は、30万円~200万円で、1人用から多人数用までのさまざまなタイプの永代供養墓がそろっています。
場所は、四ッ谷駅・四谷3丁目駅から徒歩7分の場所で、3駅5路線が利用できるので、交通の便もよく、駅から近い格好のロケーションです。
後継者がいないと一般的なお墓は立てられませんが、納骨堂なら寺院が永代に供養してくれますので、安心です。