はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

新しい葬儀「一日葬」:一日葬とは?一日葬のメリット・デメリット、スケジュールや流れについて解説します。

f:id:barkaz6212:20170808115538j:plain

一日葬とは、通夜を省略して1日で葬儀・告別式と火葬を行う葬儀のことです。
一般的な葬儀(一般葬)では、通夜、葬儀・告別式と2日間かけて行います。

一日葬に向いているケース

一日葬は、喪主や遺族が高齢で体力的な負担をかけられない場合や、遠方から参列する人のスケジュールの確保が難しい場合などに向いています。
また、遺族としては、直葬にしたいのだが、対面を気にする場合などに、折衷案として用いられることもあります。

boseki.hatenablog.com

一日葬は、参列者に制限はありませんが、親族や個人と縁の深い人などとこぢんまりと行うのが一般的です。

一日葬を行うときのポイント

仏式の場合には、まず菩提寺に相談することが重要です。
本来の儀式を簡略化することになりますので、寺院の了解が必要になります。

もし、生前から一日葬を考えているのなら、あらかじめ寺院に話をして、だれに参列してもらうかを決めておきます。

また、死後24時間は火葬ができないので、遺体を安置する場所の確保が必要となります、
自宅に安置できない場合には、一般的に式場に安置します。
ただ、遺族が遺体に付き添わない場合には、式場や専門業者の霊安室に預けます。

一日葬のメリット

  • 一般葬に比べて、喪主や遺族の肉体的、精神的な負担が少ない
  • 遠方からの参列者が宿泊しなくてもすむ
  • 直葬よりも親族などの理解が得やすい
  • 通夜ぶるまいが不要で、会葬御礼が1日分ですむ

一日葬のデメリット

  • 式場の使用料が前日の準備とあわせて2日分かかるため、思っているほど費用が安くならない
  • 昼間に行う儀式なので、仕事などでスケジュールが合わず、参列できない人がでる
  • 後日、参列できなかった弔問客の対応に追われることがある
  • 慣習にこだわる親族などから批判される可能性がある

一日葬のスケジュール

一般葬

 1日目 逝去

 2日目 通夜

 3日目 葬儀・告別式 ⇒ 火葬

一日葬

 1日目 逝去

 2日目 安置

 3日目 葬儀・告別式 ⇒ 火葬

直葬(火葬式)

 1日目 逝去

 2日目 安置

 3日目 火葬

f:id:barkaz6212:20170808114915p:plain

一日葬のタイムスケジュール・流れの例

11:00 葬儀・告別式

式次第は一般葬の葬儀・告別式と同じで、きちんとした宗教儀式として営まれます

11:45 出棺

出棺の時間は式場からの移動時間によります

12:00 火葬

最後のお別れをしたのちに火葬炉に棺が入れられます

13:00 収骨

参列者全員でお骨を拾い、骨壷に移します

13:30 精進落とし

火葬後に精進落としを行い、収骨する場合もあります

15:00 解散

一日葬の費用、一日葬と一般葬の費用の違い

一般葬にかかる主な費用

寺院にかかる費用

葬儀一式の費用

  • 遺体の搬入(寝台車)
  • 霊柩車
  • 火葬場へのマイクロバス
  • 遺体安置料
  • 祭壇、棺など
  • 式場使用料
  • 火葬料

飲食の費用

  • 通夜ぶるまい
  • 精進落とし

会葬のお礼

  • 通夜の返礼品
  • 葬儀・告別式の返礼品

boseki.hatenablog.com

一日葬で不要になる費用

一般葬と比べて、通夜分の飲食費(通夜ぶるまい)と通夜返礼品が不要になります。
ただし、それだけなので、費用はあまり変わりません。