はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!御車代・お車代の金額や表書きについて解説

f:id:barkaz6212:20161130095326j:plain

御車代、お車代とは?

通夜や葬儀に僧侶に出向いてもらったらお礼として御車代を渡します。
僧侶の送迎をしない場合に用意します。
また、神官に出向いてもらった時にも渡します。

御車代の金額

御車代の金額は5,000~10,000円が一般的です。

御車代の表書き

表書きは、御車代(おくるまだい)として、毛筆か筆ペンで、普通の墨で書きます。
無地の白い封筒を使い、水引、のしはありません。
喪主の氏名は、御車代よりもやや小さめに、普通の墨で書きます。
僧侶に不幸があったわけではありませんので、薄墨では書きません。

御車代を渡すタイミング

御車代は、お布施の袋とは分けて、葬儀が終わってからか、お通夜の前か後に渡します。

お布施・お車代などの定額サービスもあります

お寺に法事、法要をお願いすると、お布施の他に、お車代やお膳料、心づけなどが必要になります。
一般的には、合計50万円程度が相場と言われています。
ただ、これらの金額は寺院によって異なったり、また後々追加で費用が発生することもあります。
そして、これらが元でトラブルになることもしばしばあります。

そのような背景を受けて、最近では、お坊さん便てらくるといったサービスが生まれています。
お坊さん便ではお車代などを含めたお布施料金は定額35,000円、てらくるでは定額45,000円で利用することが可能なので、菩提寺がない方や、寺院の檀家となることに抵抗のある方は検討してみてはいかがでしょうか。