はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

お盆にはお墓参りをしよう!お盆の時期や日にち、供養について解説

f:id:barkaz6212:20160708164423j:plain

お盆はいつ?お盆の時期と日にち

お盆の時期は、7月13日をお盆の入りとし、16日のお盆の明けまでの4日間を言います。
ただし、旧暦の7月、または8月15日前後にお盆の行事を営む地方もあります。
仏教の教えては、本来7月ですが、農作業の繁忙期にあたるため、農業が盛んな地域では8月に行われるようになりました。

お盆のお墓参り

boseki.hatenablog.com

お盆の一般的な慣習

お盆の一般的な慣習は次の通りです。
ただし、宗派・地域によって異なります。
日程も地域により、7月または8月となります。

12日 前日

仏壇の清掃をします。
仏壇を掃除して、新しい花を供えます。

13日 盆の入り

朝に祖先の霊を迎えるため、盆棚(精霊棚)を作ります。
お墓参りをします。
夕方、迎え火として、おがら(麻がら)を焚きます。

14日・15日 中日

お盆の間のお供えの仕方は宗派や地域によって異なるため、周囲に確認します。

16日 盆の明け

夕方、迎え火と同様に送り火を焚きます。

 

お盆の意味

お盆は正式には、盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、浄土真宗以外の宗派では、先祖の霊が帰ってくると言われています。

お盆の入りの前日には仏壇を清め、先祖の霊を迎える盆棚(精霊棚)を設けます。
13日の盆の入りには、夕方、戻ってくる先祖が迷わないように、玄関や庭先でおがらを燃やして迎え火を焚きます。
都会ではロウソクをともすだけで良いでしょう。

また、精霊棚を用意し、ナスやキュウリに楊枝を刺して動物に見立てて、祖先の乗り物として飾ります。

お盆明けの16日夕方には、迎え火と同様に送り火を焚き、祖先を見送ります。
京都の五山の大文字の送り火や長崎の精霊流しなどは夏の風物詩となっています。

盂蘭盆会とは?

お盆は、盂蘭盆会を略したものです。
その語源は、梵語ウランバナです。
地獄の責め苦から救うという意味があります。
餓鬼道に落ちて苦しむ弟子の母親を、お釈迦様が供養して救ったという故事が始まりで、家庭では先祖の霊が帰ってくる日とされます。

精霊(しょうりょう)ながし

地域によっては、送り火精霊流しが行われます。
精霊流し、または灯篭流しとして日本全国で行われている催しは、お盆の送り火の一種で、故人を追悼する仏教の行事です。
京都の五山の送り火も同じ意味で行われています。

お盆の準備

お盆には、提灯、盆棚を飾り、お墓参りをして霊を迎えます。

お盆に飾る提灯の意味

かつては、お盆に精霊を迎えるための目印として、門口に立てた高いさおの先に提灯をさげる高灯籠(たかどうろう)が行われていました。
これが盆提灯を飾るという形で今に続いています。

僧侶がお経をあげに来てくれるときには、お布施の準備をしておきます。

盆棚とは?

盆棚は、精霊棚とも言われ、家に帰ってきた死者の霊を迎えるために位牌を置いたり、お供えを飾るものです。
地域によって飾るものや飾り方が微妙に違うので、わからないときは年長の方に聞いてみましょう。

最近は仏壇の前に小机を置いて、真菰やすのこを敷いて簡単な盆棚とすることがほとんどです。
仏壇から位牌を移して、香炉、花立、燭台を置き、季節の野菜や果物、水を供えます。
マンション住まいなどの住宅事情で、大きな盆棚を作るのが難しい場合は、経机など小さな机にまこもを敷いて、位牌を仏壇から移し、供物、なすの牛やきゅうりの馬などを飾ります。

先祖の霊の乗り物とされるきゅうりやなすで作った馬や牛の飾り物を供えるのも昔からのならわしです。
野菜の乗り物は、迎え火の時は家の中に向け、送り火の時は極楽に行けるように家の外に向けます。

盆の間は仏壇の戸は閉めておきます。

盆棚に飾るもの

1.そうめん
2.昆布
3.ほうずき

精霊が迎え火や提灯の灯りを頼りに帰ってくるという言い伝えから、ほおずきを提灯に見立てています。

4.生花

バラなどのトゲのある花は避けます。

5.なすの牛・きゅうりの馬

なすときゅうりにおがらを挿して、牛馬に見立てます。
精霊が乗るとされ、迎えの日には家のほうを向けて、戻る日には外側を向けるところもあります。

6.水の子

なすやきゅうりをさいの目に切って、洗った米を混ぜて清水を満たした器に入れます。
あの世で飢えに苦しみ、乾いたのどを少しでも潤すようにとの祈りを込めたものとされます。

7.みそはぎの花

精霊花です。

8.夏の野菜・果物

百味五果と言います。
季節の野菜や果物、または故人の好物を添えても構いません。

盆棚の処分

盆棚に飾ったものの処分は、食べられるものはいただき、それ以外は半紙などに包んで処分するとよいでしょう。

マンション住まいの方の送り火や迎え火

マンションのベランダで送り火や迎え火を焚くと、少量でも火災報知機が作動したり、煙でご近所に迷惑をかけることがあります。
許可を得て、住民共有の庭や屋外のエントランスなどで焚くことをおすすめします。
おがらを焚くときは、ほうろくという皿を使うと、床を傷めることもありません。

初めてのお盆は新盆の供養をする

人が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆(初盆)と言います。
新盆には、近親者や友人が集まり、僧侶に読経してもらい、精進料理でもてなすなど、特に手厚く供養します。

boseki.hatenablog.com

浄土真宗のお盆

浄土真宗では、祖先がお盆の期間だけ帰ってくるとは考えないため、盆棚を作ったり、迎え火・送り火を焚いたりすることはしません。
ただし、お盆参りとして、お経をあげることは、広く行われています。