はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

無宗教の葬儀のやり方・流れについて解説します

f:id:barkaz6212:20170808134944j:plain

無宗教葬とは、宗教・宗派の形式にとらわれずに、自由なスタイルで行われる葬儀のことです。
菩提寺を持たない人や、自分らしい葬式にしたいという人が利用することが多いです。

無宗教葬のポイント

自由葬の式次第は自由に決めて構いませんが、具体的なイメージが浸透していないこともあり、納得できる葬式、葬儀にするためには次のポイントに気をつけましょう。

①葬儀社選び

葬式の内容を決めるのは遺族ですが、具体的奈式次第を作り、進行するのは葬儀社です。
自由葬の実績があり、遺族の意思を汲み取ってくれる葬儀社を選びましょう。

②事前の準備

故人らしい葬式にするためには、故人にまつわる思い出の品を展示したり、映像や写真で故人を偲んだりすることがあります。
葬式までの短い時間の中で、それらを準備するには難しいでしょう。
できれば、生前に葬儀社に相談して、葬儀で使って欲しいものなどをピックアップしておくとよいでしょう。

③参列者の選定

参列者を故人と縁の深い人だけに限定する場合には、連絡する人を事前に確認しておきましょう。

無宗教葬の流れ

  1. 遺族、参列者入場
    音楽(故人が好きだった曲など)が流れる中、遺族らが入場して着席する
  2. 開会の辞
    進行役が開会の挨拶をする
  3. 黙祷
    一同、故人に黙祷を捧げる
  4. 故人の略歴紹介
    故人の実績や人となりを写真や動画などにのせて紹介する
  5. 追悼の言葉
    参列者(少ない場合は全員)に思い出話や追悼の音楽などを故人に捧げてもらう
  6. 献花
    喪主、遺族、親族、友人・知人の順に献花する
  7. 喪主の挨拶
    無宗教式の葬儀にした理由と参列者への感謝を述べる
  8. 閉会の辞
    進行役による閉会の挨拶

無宗教葬のメリット・デメリット

無宗教葬のメリット

  • 形式にとらわれずに故人にふさわしい見送り方ができる
  • 宗教者への費用がかからない

無宗教葬のデメリット

  • 菩提寺がある場合には、仏式以外の葬儀は難しい
  • 具体的な演出プランを事前に準備しておかなければならないことが多い
  • 親族らの理解が得られないことがある