はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

新しい埋葬・供養方法を徹底解説! 永代供養墓、納骨堂、散骨、手元供養

f:id:barkaz6212:20160923182538j:plain

変わるお墓への意識、さまざまな葬送方法

納骨堂永代供養墓の利用が増えています。
また、遺骨を埋葬しないで海や山に撒く自然葬(散骨)にも関心が高まっています。

その他、樹木葬という埋葬を選ぶ人も増えています。

お墓に対する考え方の変化

家族構成に対する考え方が大きく変化してきたここ数年の間にお墓に対する日本人の意識は急速に変化し、その変化に伴って、さまざまな葬儀が誕生しています。

お墓はできるだけ簡素にして、お金は極力かけないものになりつつあり、遺骨を埋骨しない人、さらにはお墓そのものはいらないという人もなかにはいます。
都会を中心にお墓を買う場所がないという経済事情も要因の1つではありそうですが、この変化は、戦後、核家族化が進む中で、生まれ育った世代が、親や自分のお墓を考える時代になり、お墓についての考え方は家という枠を飛び越えて、多様化するようになったためと考えられています。

従来、お墓は「家」という概念のもと親から子、子から孫へと承継されていくものでした。
しかし、

  • 人口の都市部集中
  • 核家族
  • お墓の承継者の不在
  • 家という枠組みが緩やかになってきたこと
  • 菩提寺と檀家という関係の希薄化

などによって、お墓は個性化の方向へ進んでいます。
家族や血縁といった意識が弱まったことで、子孫に受け継がれることが前提とされる従来の墓制度との間にも齟齬が生まれてきました。
旧態依然とした墓制度が、時代の変化によって、その存在意義までも問われていることが、現在の墓事情の根本にあります。
これまでの家を単位とする考えから個を中心とする意識への変化に伴い、死んだ後にお墓に入ることにこだわらない人が増えているのです。

葬儀の状況が変わりつつあるいま、大切なことは、昔の考え方にとらわれるのではなく、自分が本当に希望する葬儀や供養を行うことです。
後悔のないようにどのように供養してもらいたいか、遺族にかかる手間はどれくらいかなど、しっかりと考えることが必要です。

家から個への意識の変化

核家族化が進み、加えて独身貴族やディンクス*1に代表される子どもをもたない生き方を選ぶ人々が現れた現代日本の社会状況は、血縁や家族関係がこれまでに比べて希薄となってきていることは否めません。
これまで家を1つの単位としてとらえてきた日本ですが、核家族化や少子化などにより、重要とされる単位が家から個へと変化してきました。

これまでは結婚し、子どもをつくり、家庭をもつという家を重要視した考え方が主流でした。
しかし、昨今では、結婚や子供の養育にお金を使うのであれば、その分、ワンランク上のマンションや高級車を自分のために買いたいという考え方をもつ人も多くなっています。
女性で仕事を持ち、経済的に独立している人の中には、結婚して相手の家に入るくらいだったら、独身で気ままにやっていくほうがいいという人もいます。

このような考え方は、少子化や晩婚化につながると言われていますが、これは、どちらのケースにおいても、社会的な価値よりも個人的な価値が優先された結果と言えるでしょう。
この流れは、お墓や葬儀事情にも深く関わってきています。

これまでは、自分のお墓は自分の子ども、子孫が継承し守っていくという家のことを第一に考えていました。
しかし、個を優先して考える昨今では、そもそもお墓を残すべきなのか、管理費などの負担を負わせていいのかと考えて、お墓をもたないことを選ぶ人が増えています。

出生率の低下

また、出生率が年々低くなっており、子孫が承継することを前提とした墓制度への不安はさらに大きくなっていくことでしょう。
身内が多ければ、負担を分担することもできますが、身内がいない場合には、1人ですべてまかなわなければなりません。
そうしたときに、従来のお墓ではない、もっと負担が少ないお墓の形はないか、と考えるのは自然なことでしょう。

葬儀事情の移り変わり

ひと昔前までは、葬式は、故人を供養することも当然ながら、知人や地域の人に個人が亡くなったことを伝えたり、家の家長が代わったことを知らせたりするという役割を持っていました。
しかし、昨今では、まず家長交代を伝える役目が薄れ、次に地域の人に伝える役目が薄れ、故人を供養する役割のみが残るのようになりました。
また、家族構成の移り変わりから、遺族がいない場合もあり、葬儀の事情は大きく変わってきています。
そのような故人の状況などにも合わせて、お墓をもたないという選択肢や、散骨などの葬儀が選ばれるようになってきました。

「誰と一緒のお墓に入るか」も多様化

お墓に入ることを選択したとしても、誰と入るかについても非常に多様化しています。
夫婦でも死後は配偶者のお墓に入りたくないという人もいれば、後述の共同墓のように、夫婦や家族という単位にとらわれず、友人や気心の知れた人と一緒のお墓に入りたいという人もいます。

そもそも今のような先祖代々の家墓を中心とするお墓のシステムができたのは、明治時代からで、それほど長い歴史があるものではありません。
時代が変化していく中で、お墓や埋葬の形式がその時代に適したものに変化していくことは、自然な成り行きと言えそうです。

変わる供養の方法:これまでの供養とこれからの供養

遺族はこれまで故人への弔いを、遺骨が眠るお墓に対して行ってきました。
在りし日の故人を尊び、お盆になれば墓地を訪れ、草刈りをして墓碑を洗ったり磨いてあげたりと、お墓をきれいに掃除しました。
そして、故人が好きだったお供え物をして、線香に火を灯します。

また、墓地の管理をしているお寺の住職に挨拶をして、先祖がお墓の中で寂しくないようにと、常日頃の丁重な管理をお願いしている人も多くいます。
お墓が遠方にある場合など、こうした一連の行為は、なかなか時間も労力を要するものですが、故人を思えばこその遺族の気持ちの表れです。
お盆にお墓参りの習慣がある日本では、お墓の存在は広く浸透しています。
死んだらお墓に入ることが、疑いの余地がないほどに当たり前のもの成っています。

これからの供養

しかし、昨今では、考え方の変化や費用に関することから、供養の仕方も変化してきました。
お墓を建てたけれど、その後の管理費などが負担で、お墓を維持できないという事情をもつ人は決して少なくありません。
昔は、お墓にお金は関係ないと考える人もいましたが、残された遺族のことを考えると、費用を考慮することはお墓選びにはかかせません。

時代の変化とともに、さまざまな要因が絡み合い、日本における墓への意識が多様化しています。
誰もが無関係ではないお墓の在り方をどうとらえていくか、考える時期にきているのかもしれません。

いろいろなお墓のかたち

お葬式の形式が多様化しているのと同様に、埋葬や供養のスタイルも変化しています。
納得のいく、想いのこもった方法を選ぶ必要があります。

いろいろなお墓のかたちを祀る期間の長さ祀る人数マッピングすると次のようになります。

f:id:barkaz6212:20160923182610p:plain

同族墓(一族の墓)

先祖代々を一族で守っていくので、比較的、長く祀ることができます。
しかし、一族が絶えてしまうと無縁墓となります。

家墓

寺院の檀家になり、寺院行事に積極的に参加することで、寺院との縁が深まります。
子どもなど承継者が守ってくれる限りは安泰です。

個人墓・夫婦墓

子どもに承継することが前提のお墓です。
本人あるいは夫婦の死後、一定期間を経て、合祀されることが多くあります。

永代供養墓

寺院や霊園が永代または一定期間、供養と管理をするお墓の仕組みです。

大寺院の場合には、人材や資金ともに潤沢な本山クラスの寺院ならつぶれる心配はなく、半永久的に祀ることができます。
一方、檀家数が100以下のような寺院の場合には、寺院経営に不安が残ります。
万が一、空き寺になってしまえば、お墓を守ることはできなくなります。

樹木葬のほか、納骨堂型、室内ロッカー型など種類もいろいろあり、お墓の安置法も個別や集合などさまざまです。

boseki.hatenablog.com

樹木葬

墓石のかわりに、樹木を墓標としたものです。
霊園や寺院が墓所の一角を樹木葬墓地としていることが多いようです。
なかには、自然の里山一帯を、墓地として使用しているものもあります。

樹木葬では、多数の骨と一緒に散骨されます。
樹木は墓石に比べると、寿命は短いと言えます。
また、台風などで倒れてしまう心配もあります。

boseki.hatenablog.com

納骨堂

納骨堂の中には、数千の遺骨を1つのビルに収蔵するビル型の納骨堂があります。
こういった納骨堂は、宗教行為というよりも、ビジネスに近く、一方で、経営破たんのリスクもあります。

可動収納型室内墓苑と呼ばれる、専用カードをかざすと家ごとの墓碑が参拝祭壇に運ばれてくるコンピューター制御のものもあります。

従来の屋外のお墓ではなく屋内にあるので、天候に左右されずにお参りができます。
お墓の掃除の必要がなく、花や線香の用意もあり、何も持たずにお参りができる施設もあります。

boseki.hatenablog.com

散骨

粉末化した遺骨を海や山など故人が好きだった場所にまく葬送方法です。

国内では法律が未整備のため、散骨場所の選定などを独自に行うのは難しく、専門業者を利用します。

すべての遺骨を散骨するのではなく、一部だけ行う方が多いです。

海洋葬(海洋散骨)では、複数の人と一緒に船をチャーターして、近海に散骨します。遺骨は一瞬にして海に散ってしまうので、その後の供養はできません。

boseki.hatenablog.com

手元供養

遺骨の一部や遺灰を小さな容器やジュエリーに納めて、身近において供養します。
遺骨を宝石に加工してくれるサービスもあります。

失った大切な家族をいつも身近に感じていられると、最近注目を集めている方法です。

しかし、保管主が亡くなれば、そのまま忘れ去られてしまう恐れがあります。

boseki.hatenablog.com

本山納骨

boseki.hatenablog.com

樹木葬や散骨への意識

書籍・小冊子 | 出版 | 一般財団法人 日本消費者協会

のデータをもとに後日記載します。

*1:ディンクス:共働きで子どもをもたない夫婦