はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!仏壇を移動、引っ越しする場合のまとめ

f:id:barkaz6212:20170810085131j:plain

仏壇の移動・引っ越し

自宅の引っ越しや実家の仏壇の引き取りなどの理由で仏壇を移動するときには、移動前に閉眼供養、移動後、新しい場所に仏壇を安置した後には開眼供養を行います。
本尊と位牌を動かすということなので、場所を移す前後に2回法要を営みます。
どちらも菩提寺の僧侶に依頼するのが理想ですが、移動前後のどちらかが菩提寺から遠い場合には、近くにある同じ宗派のお寺を紹介してもらいましょう。

宗派によっては、閉眼供養にあたる遷座法要のみのこともあるので菩提寺に相談しましょう。

仏壇の搬出や搬入は、できれば仏壇の取り扱いに慣れた業者に依頼しましょう。
そして、大切な仏具は自分の手で移動させましょう。

f:id:barkaz6212:20170809142041p:plain

仏壇の移動の流れ

①菩提寺*1に連絡する

引っ越しの1ヵ月ほど前までに寺院に連絡して、移転の日程を伝えて閉眼供養と開眼供養の依頼をします。
現在、仏壇のある場所と菩提寺が遠い場合、あるいは移転先と菩提寺が遠い場合も、まずは菩提寺に相談します。
菩提寺の僧侶が両方に出向くのが難しいときは、近隣にある同じ宗派の寺院を紹介してもらうなどします。

②引っ越し業者の手配

仏壇は一種の工芸品で、デリケートな細工が施されているので、取り扱いに慣れた業者に依頼するようにします。
仏壇専門の引っ越し業者や仏具店が経営する業者もあります。
菩提寺に連絡した際に、紹介してもらうのも良いでしょう。

③閉眼供養

引っ越しの前日までに行います。

boseki.hatenablog.com

④仏壇の搬出入

転居にともなって仏壇を引越す場合には、他の荷物をすべて運び出してから最後に仏壇を搬出して、新しい住居には一番最初に仏壇を搬入するのがしきたりとされています。
ただし、仏壇を大切にするという思いから生まれた方法と考えられ、絶対的な作法ではなく、順番にこだわらない僧侶もいます。

⑤開眼供養

次期に厳密な決まりはありませんが、祥月命日や年忌法要が近ければ、あわせて営むこともできます。

boseki.hatenablog.com

仏壇を処分する場合

boseki.hatenablog.com

仏壇を買い替える場合

boseki.hatenablog.com

仏壇を合祀する場合

boseki.hatenablog.com

*1:檀那寺、お手次寺とも。檀家になっている寺院のこと