はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!形見分けとは?形見分けで贈るものと注意点

f:id:barkaz6212:20170825205827j:plain

形見分けとは、故人が愛用していた品を親族や近親者、故人と親しかった友人などに分けるものです。
故人の愛用品を通じて、故人の思い出を共有するために行います。

また、形見分けには、故人が生前お世話になったことに対するお礼の意味も込められています。
遺族から形見分けをしたいとの申し出があった場合には、基本的には素直に受け取りましょう。
いただいた愛用品を大切に使うことが故人への供養につながります。
たとえ、高価な品を送られたとしても遺族へのお返しは不要です。

形見分けのマナー

贈るときは、受け取ってもらえるかどうか確認してから渡します。
包装せずに渡すのが基本ですが、遠方だったり、都合がつかない場合は宅急便などで送ります。

なお、形見分けを受け取ることを辞退することも可能です。
お断りする場合には、見ると亡くなったことを思い出してつらいというような言葉で、遺族の気持ちを傷つけない配慮が必要です。

もらった品が自分に不要だからといって別の誰かに渡してしまうのは厳禁です。

また、形見分けを催促するのもマナー違反です。

何を形見分けで贈るか?

何を形見分けで贈るかは、故人の遺言があればそれに従います。
もし、遺言がなければ、遺族が相談して決めます。

形見分けの対象となるのは、衣類、装飾品、時計、万年筆、収集品などで、相手に喜ばれるものです。

形見分けの注意点

高価なものは相続後に贈る

形見分けで、高価な貴金属や装飾品、書画骨董などを贈る場合、相続税や贈与税の課税対象になる場合があるので、注意が必要です。
時価110万円超の贈与は贈与税が発生する可能性があります。
そのため、相続確定後に分けたほうがトラブルになりません。

形見分けの品は包装しません

プレゼントではないので包装しないのがルールです。
むき出しの状態が気になる人は、奉書紙や半紙で簡単にくるんで相手に渡すとよいでしょう。

受け取る相手の身になって選ぶ

安価なもの、流行遅れのものや痛んだものは、相手に喜んでもらえないことがあります。
形見分けは、受け取った人が、故人の品物から故人を偲び、贈られて喜んでもらえるものを贈ることが大切です。
相手の好みも考慮して贈りましょう。

また、親の愛用品を子どもたちが形見分けする場合は、争いを避けるために公平に分配します。

故人よりも目上の人には慎重に贈る

形見分けの品は故人が愛用したものであり、新しい品物ではないので、目上の人や身内以外の人に贈ることは失礼とされます。
ただし、望まれた場合には贈っても構いません。