はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

血縁を超えて眠る共同墓(合葬墓・合祀墓・合同墓)とは?

f:id:barkaz6212:20141017005046j:plain

共同墓とは?

血縁を超えた他人同士が同じお墓に入る共同墓は、無縁墓にならないための永代供養の新しい形です。
血縁などに関係なく、他人同士が自らの意思で同じ墓に入るというスタンスです。
共同墓は、合葬墓、合祀墓、合同墓といった呼び方をされることもありますが、どのお墓も管理するお寺や霊園などで細かな違いがあるものの、同じ目的と特徴をもったお墓と言えます。

永代供養墓と混同されやすいものですが、公営の施設であるケースが多く、永代供養を前提としていないという点で異なります。
そのため、永代供養墓と区別して考える必要があります。

共同墓なら無縁墓にならなくてすむ

共同墓は、子どもの不在やお墓の意識変化によってお墓の継承が困難になった場合に、無縁墓にならないようにしようというコンセプトのもとで生まれました。

共同墓の母体は、お寺や組合などさまざまで、その特徴に細かな違いはありますが、多くの人たちが1つのお墓で眠ることで、将来的に無縁墓になる不安を解消するという点では共通しています。

会員組織で生前からの交流が活発なことが多く、墓友としてのつながりを大切にしている点が永代供養墓とは異なります。
会員の誰かが死亡したら共同墓に納骨して、他の会員が供養していきます。

共同墓の特徴

夫婦や家族という単位にとらわれず、友人や気心の知れた人と一緒のお墓に入りたいという人が会員組織を作って、その会で作った共同墓を会員同士が共同で追悼、管理をしていくのが特徴です。

寺院や墓地管理者がお墓を供養・管理する点は、永代供養墓と同じですが、生前から会員が集まりさまざまなイベントが行われます。

「血縁がない人と一緒」と聞くと、抵抗感を抱く人もいますが、共同墓を希望する人は、それとは逆に考えて、親しい友人や知人などとお墓を共有することができるといううれしさや安心感があると言います。
都市化が進み、血縁や地縁が薄れ、無縁化が進んだ現代を象徴する形態と言えそうです。

共同墓のメリット

他の人と一緒に埋葬される共同墓には次のようなメリットがあります。

  • 個別の墓石が不要で、安価に納骨、供養ができる
  • 都心では、限られたたくさんの人が埋葬できる
  • 大勢の人が埋蔵されているので、お参りに来る人も多く、花や線香が絶えにくい

共同墓を選ぶ人の理由

共同墓に遺骨が納められた故人の間には、血縁関係がないばかりでなく、多くのお寺や業者では、共同墓を利用する条件として、宗教や宗派、国籍なども問いません。
そのため、実にさまざまな人生を送った人々が同じ場所で弔われています。
遺族がお墓の管理や参拝に労力を費やすことなく、また、遺族がいない場合も共同墓に埋葬された故人は、供養を受け続けることができます。

共同墓のことを知った人は、その考え方と管理方針に共感して、生前に予約をするケースも増えています。
子どもがいない人、お墓の承継で後世を煩わせたくない人、檀家にならない人などさまざまな理由で共同墓に眠っています。
その中でもやはり多いのは、自分のお墓が無縁墓になってしまうのを不安に思う人たちです。

boseki.hatenablog.com

こうした事実から、従来のお墓の承継制度から漏れてしまう人の助け舟として、共同墓は選ばれています。

最近では、先祖の墓を継承しているけれども、将来的に無縁墓になってしまう恐れがあるので、遺族が先祖のお墓を制して、合葬墓に埋葬し直す墓じまいも増えています。

boseki.hatenablog.com

もやいの会

多くの永代供養墓の場合、そのお墓に入る人たちには生前のつながりはありません。
そんななかで、もやいの会は生前からの文化的福祉活動を通して、無縁の人同士に縁を持たせようと試みています。
もやいとは、船と船をつなぎとめる、共同で作業するといった意味です。
日常の例会、サークル活動などの社会的・文化的で宗教や血縁を超えた縁を作って、死後はこの会の作った合祀墓で東京の巣鴨のすがも平和霊園内の「もやいの碑」に一緒に埋葬されます。

  • 入会金:1口1万円(1口以上)
  • 年会費:2,000円(存命中)
  • 遺骨埋蔵量、維持に関する費用:10万円