はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

【参考:業界分析】葬儀関連業界のまとめ

葬儀業界事情

超高齢化社会により、今後30年間は葬儀施行件数は増加見込みのため、葬儀業界は市場規模を拡大中で、成長産業と言われています。

人口動態(死亡者数)

f:id:barkaz6212:20160618082838p:plain

国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」

現在、日本では1億2000万人以上の人が暮らしています。

しかし、昨今の少子化の影響で、40年後には3,000万人以上減り、1億人を切ると見られています。

日本の人口減少傾向は、年間の死亡者数の減少につながると考えがちですが、これからは、1948年前後に生まれたいわゆるベビーブームの団塊世代が還暦を超えて、年間の死亡者数が100万人の大台を超え、2040年頃には、年間165万人を超える人々が亡くなると言われています。

これからの日本は、これまでに経験したことないほどのペースで人が亡くなっていくことになります。

残された遺族が亡くなった人々のお墓を造り、それを維持していかなければならない、そして、多くのお墓が必要になる時代が待ち構えています。

一方で、ひと昔前までは、お墓は墓石を造り、家族が共通の場所に眠ることが一般的でしたが、今では、お墓を造らないという選択をする人も出てきています。

また、お墓のタイプも、これまでの形態の墓石だけでなく、木など苗木をお墓とするものや、仏様をかたどったものをお墓とするなど、さまざまなかたちが生まれてきています。

葬儀の業界規模の算出

葬儀業界 1兆6000億円

 ≒ ゴルフ関連(1兆6760億円_2008年レジャー白書)

 ≒ 機能性化粧品(1兆6857億円_機能性化粧品マーケティング要覧2009)

葬儀関連業界 1兆0495億円

 通夜からの平均飲食接待費 4532億円

 寺院への平均費用(お経、戒名、お布施) 5963億円

墓地・石材業界 6839億円

 墓地・霊園 3839億円

 石材店 3000億円

宗教用具業界 2628億円

 宗教用具 2628億円

 うち、仏壇 1313億円

下記をもとに算出しております。

葬儀にかかるお金(2014年)

f:id:barkaz6212:20160618090050p:plain

 ※葬儀にかかる費用はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター

葬儀業界=1兆6338億円

①葬儀一式の平均費用×②施工件数で算出

 ①葬儀一式の平均費用は、122.2万円(2014年)

 ②施工件数≒死亡者数=1,337(千)(2016年想定数)

 ※国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」

以上より、122.2万円×1,337(千)=1兆6338億円

葬儀関連業界=1兆0495億円

①(通夜からの平均飲食接待費+寺院への平均費用) × ②施工件数 で算出

 ①通夜からの平均飲食接待費は33.9万円、寺院への平均費用は44.6万円(2014年)

 ②施工件数≒死亡者数=1,337(千)(2016年想定数)

以上より、(33.9万円+44.6万円)×1,337(千)=1兆0495億円

霊園・石材業界=6839億円

墓地・霊園 3839億円

石材店 3000億円

※吉川美津子著「図解入門業界研究 最新葬儀業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」

宗教用具業界=2628億円

経済産業省製造産業局日用品室「仏壇産業の現状と今後のあり方に関する研究会報告書(平成23年5月)」より。

商業統計によれば、宗教用具の国内販売額は、1994 年をピークに減少傾 向にあり、2007 年には 2,628 億円となっている。宗教用具には仏壇、仏 具、神具、線香等が含まれており、業界推計1 では仏壇販売店の売上に占 める仏壇本体の売上比率は約 50%とされていることから、2007 年の仏 壇本体の売上は約 1,313 億円と推計される。

墓石関連の統計データや業界事情

墓の建立数

1990年代半ば以降はほぼ横ばいで年間を通じて30万基ほどあります。

石材店の数

石材店に関する正確なデータはなかなかありません。

日本石材産業協会の推計では、全国で約1万2000社あるとされています。

そのうちの90%以上は、従業員5名以下の零細企業です。

石材店の業界事情

墓に対する考え方が大きく変化しており、石材店の業界事情は決して明るくありません。

次のような大きなトレンドの変化に直面しています。

  • 納骨堂や永代供養墓など埋葬方法の多様化
  • 販売価格の下落
  • 葬祭業、仏壇業、造園業、加工業など他業種からの墓石小売業への参入
  • 多額の資金を投じて霊園開発を行っても、資金を回収できず売れ残り、経営を圧迫するケースがある

石材店で、堅実に運営できているところは、複数の寺院を提携している石材店です。

広告宣伝費や販売経費はほぼかからず、寺院と家族ぐるみの付き合いを深めるなどによって、着実な経営をしていけます。

また、墓地の老朽化や人口の都市部集中による改装などによる建て替え・リフォームへの需要に期待をかけて、測量士による隣墓地との境界明示、司法書士による墓地の相続権利等の相談を行っている石材店もあります。

ただし、こういった需要ピークをすぎており、70%ほどは完了しているという見方もあります。

葬儀関連業界一覧

  • 葬儀専門業者
  • 冠婚葬祭互助会
  • 葬儀専門人材派遣会社
  • 生花・フラワーショップ
  • 料理・仕出し業者
  • 返礼品・ギフト業者
  • 写真・映像サービス
  • 外装・備品レンタル
  • 湯灌(ゆかん)・エンバーミング
  • 寝台車・霊柩車
  • 葬儀社紹介サービス
  • 散骨業者
  • メモリアルグッツ販売
  • 遺品整理業者
  • ホテル
  • 石材店
  • 霊園開発
  • 仏壇業界
  • 葬儀社のIT化サポート
  • 会館プロデュース業