はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

お墓の種類と選び方:遺された人たちのことを考えよう

f:id:barkaz6212:20161025224627j:plain

葬儀の形式と同じく、埋葬方法も多様化しています。

お墓を建てるには、まず墓地を決めるのが一般的です。
墓地は誰でも経営できるものではなく、墓埋法によって、都道府県知事の許可を受けなければ設置、運営できないと定められています。

かつては広々とした郊外の墓地を好む傾向にありましたが、最近ではお墓参りがしやすい近場の墓地を選ぶ人も増えています。
お墓はお参りすることが一番大切ですので、家族でよく相談して、自分たちに合った墓地を選びましょう。

また、お墓の形や場所、供養の仕方も検討する必要がある時代になってきています。

お墓を建てる際は、墓地の場所や環境、交通の利便性、管理費や使用料、施設などをしっかり見極めて、納得のいく選択をしましょう。
将来、お墓を継ぎ、管理する祭祀承継者を考えておく必要もあります。

承継者(子孫)の有無による分類

お墓を建てると言っても、誰が入るお墓か、承継する人がいるかどうかによってお墓のタイプは異なります。

例えば、

  • 両親の入るお墓を建てていずれは自分や自分の子どもも入る
  • 自分は婚家のお墓に入るので実家の両親のみが入る
  • 生涯独身を通すので自分だけのお墓を建てる

などです。

お墓選びの際には、残された人たちのことも考えて、亡くなった後に、誰がどのように供養するかを考えることも重要です。

また、複数の遺骨を同じ墓に埋葬することを合祀と言い、そのいったお墓のことを合祀墓と言います。
下記の家墓などは先祖の遺骨を1つの墓に埋葬しているので合祀墓となりますし、他人と同じ場所に埋葬される共同墓も合祀墓です。

合祀墓の反対語は、個人墓です。
個人墓は1人の遺骨を納めるものです。

承継者が供養することを前提としたお墓

家墓

竿石*1に「○○家之墓」などと彫るタイプのお墓で、家墓は家族が代々入る一般的なお墓です。
〇〇家之墓、〇〇家先祖代々、〇〇家累代之墓など家名を墓石に刻むものもあれば、先祖代々之墓、累代之墓などと家名をなしで刻んだものもあります。
基本的には子孫が承継者となり、将来は、承継者の家族だけがこのお墓に入り、承継者以外の子どもは新しくお墓を建てるなどするのが一般的です。
家墓は親から子へ、子から孫へと代々受け継がれていくお墓で、家族の遺骨を合祀するお墓です。
そのため、自分たちが亡くなったあとでも、子どもや親族にお墓を承継する人がいることが建墓の条件です。
最も一般的と言ってよいお墓で、累代墓、代々墓、先祖墓とも呼ばれます。

本尊墓

竿石に「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」なとと彫るタイプのお墓です。
亡き人を仏と見て拝むお墓で、宗派に沿った語句を彫り入れます。
「○○家」とは彫らないので、承継者以外の姓の違う子どもなども入ることができます。

なお、本来、仏教には家の概念はなく、亡き人は仏弟子として出家するため、家墓ではなく本尊墓が正式とされます。

個人墓

特定の1人だけの遺骨を納めるお墓が個人墓です。
生涯独身で通す人や、夫と同じお墓に入りたくない人などが個人墓を希望します。
個人墓では、お墓を承継する人がいないので、お墓の管理については永代供養の契約を結ぶ必要があります。
個人墓では、他人と一緒に埋葬される永代供養の共同墓と異なり、自分のお墓として供養してもらうことができます。
三十三回忌までや五十回忌までなどといったように、墓地ごとに永代供養の期限は決まっていて、それ以降は他の人と一緒に合祀されます。

庶民のお墓が建てられはじめた江戸時代は、個人墓や夫婦墓が主流でしたが、明治時代になって家制度になると、お墓の主流は家墓へと変わりました。
しかし、最近ではまた独身者の増加や個人志向の高まりを背景に個人墓への需要は増えています。

承継する家墓がある人でも、それとは別に個人墓を建てるケースもあります。
早くに子どもを亡くした両親がその子の生きていた証に子どもの好きだったものでデザイン墓を作ったり、夫婦のどちらかが早く亡くなった場合に残された家族が個人墓を建てるなど、記念碑としての意味合いの強い個人墓が増えているようです。

夫婦墓

亡くなった夫婦だけのお墓で、夫婦2人だけが入るお墓が夫婦墓です。
子どものない夫婦が自分たちのために建てるケースや、嫁いだ娘が実家の両親のお墓として建てるケースなどがあります。

しかし、自分たちの死後、そのお墓を誰が供養するかなど、先々のことを考慮する必要があります。
そのため、夫婦墓も個人墓と同様に、承継する人がいない場合は、永代供養の契約を結びます。

両家墓

夫婦のそれぞれの先祖を一緒に祀る両家墓で、夫も妻もお墓の承継者である場合などに、1つのお墓で両家の供養ができるようにと作られるお墓です。
一人っ子同士が結婚してどちらにも承継するお墓がない場合、家墓のしきたりに従うなら、この夫婦はそれぞれの両親の家墓を建てることになります。

しかし、2つのお墓を建てて、管理していくのは負担が大きくなります。
この場合、両家墓として1つのお墓を建てて、そこに双方の両親を祀る方法があります。
墓石には、両家の家名を刻むこともできますが、この先代々承継していくことを考えて、先祖代々としたり、南無阿弥陀仏、南無法蓮華経のように名号や題目を刻んだり、和、絆のような文字を刻むケースもあります。
ただ、両家の宗派が違う場合の調整や両家の縁者への周知、将来誰が供養するかなどの問題は残ります。

boseki.hatenablog.com

納骨堂

寺院の敷地内などに建物があり、仏壇型などの遺骨の収蔵施設が並ぶ方式が一般的です。

boseki.hatenablog.com

共同墓

他人同士が共同で埋葬されているお墓が共同墓です。
親しい友人などと共同墓を建てるケースと、すでにできている永代供養の共同墓を利用するケースがあります。

boseki.hatenablog.com

承継者がいない場合などの新しい埋葬の形

永代供養墓

遺骨や位牌を共同のお墓に入れて、僧侶が定期的に供養するお墓です。
なお、一定期間は個別に埋葬するケースもあります。

boseki.hatenablog.com

樹木葬

墓石の代わりに樹木をシンボルにした埋葬方法です。
樹木の下に個別に埋葬するような従来のお墓に近い方法から、共同埋葬施設に多数の遺骨を入れる方法までさまざまな種類があります。

boseki.hatenablog.com

海洋散骨

日本の太平洋沖やハワイの海などに、粉上にした遺骨を散布する方法です。

boseki.hatenablog.com

墓地の形態による分類

墓地の形態には大きく分けて、

  • 寺院に敷設する形のもの
  • 郊外に広々とした敷地を有する公園型

があります。

新たに開発・販売される墓地としては、緑豊かで遊歩道や休憩所などの設備もととのった公園墓地が主流です。
明るくのどかな雰囲気の墓地も多く、家族そろってピクニック気分でお墓参りに出かけることもできます。
ただし、敷地が広いことによって自分たちのお墓の場所がわかりにくかったり、郊外にあるため行くのに時間がかかる等のデメリットもあります。
広い敷地の公園墓地の中には、最近ではいろいろなタイプの区画があります。

従来型の墓地

外柵を設けて墓石を建てる一般的な墓地です。

芝生墓地

芝生が植えられた敷地にカロートを埋め込んで、その上に墓石を立ち並べる墓地です。
芝生墓地は欧米スタイルの墓地で、公園墓地の多くに設けられています。
洋型墓石やデザイン墓石を建て、個々のお墓を囲む外柵は設けません。
墓石の形は、オルガン型、プレート型、ヨーロッパ型が主です。

芝生墓地は公営霊園でも積極的に取り入れられています。
都営の場合でいうと、小平、八王子、玉の霊園でも広いエリアが芝生墓地に当てられています。
民営墓地でも、芝生墓地の採用が増えており、芝生に四季折々の花なども加えた素晴らしい芝生墓地が登場しています。

このような芝生墓地の良さは、なんといっても西洋的な明るさです。
芝生が広がり、明るくのびのびとしているので、ピクニックのようにお弁当を広げたくなるような環境です。
これは、旧来式のお墓から受ける重く、暗い印象とは対照的です。

芝生墓地のその他のメリットは、墓石についての自由度が高いことでしょう。
さらに、民営墓地では従来のパターンに縛られず、まったく新しい発の墓石も造ることができます。

また、各区画は隣との境に策を設けないため、工夫次第では使う土地が狭くてもすみ、永代使用料も従来型の墓に比べて、多少割安ですみます。
もちろん、広い区画の芝生墓地もあります。

一方で、芝生墓地のデメリットはあるのでしょうか?
寺院墓地で公園墓地を用意しているところは限られているため、仏教の特定の宗旨・宗派にこだわる人には、適当な芝生墓地を見つけることは難しいでしょう。
その他、付属品では、芝生墓地では、つつじなどの小さな木は植えられず、塔婆立、墓誌、灯籠などは設置できません。

気をつけたい点としては、ガーデニング墓地や西洋風墓地と宣伝している墓地でも、芝生墓地ではないところもあることです。
このあたりについては、きちんと現地の確認をするようにしましょう。

壁型墓地

カロートを埋め込んだ敷地に、板状の墓碑を壁のように設置した墓地です。
壁型墓地は、土地の有効活用と低コスト化により生まれたもので、大都市に住む方々向けのものです、

公営でも多くの霊園が壁型墓地を用意しています。
例えば、東京都営なら多磨霊園にあります。

外柵や塔婆立などの設置はできませんが、霊園の規定内での花立や線香立、名板の設置は可能です。

壁型墓地のメリットは、土地の空間が有効に使われていることです。
したがって、従来型の墓地に比べて価格はかなり安くなっています。

また、壁型墓地には墓石があるので、空を仰ぐことができます。
納骨堂のように施設のなかにあるわけではありません。

さらに、墓石は完成品として売られていて、線香立や花立も付いています。
そのため、墓石の選択で迷ったり、カロートを別に作り必要もありません。

デメリットとしては、壁型墓地では、上述の通り、墓石を自分の好きなように作れないことです。

また、連続して並んでいるため、隣との仕切りがなく、植樹、柵、墓誌、塔婆立などをつけることはできません。

樹木葬墓地

墓石の代わりに木を植える墓地です。
墓石建立費がかからない分、費用が抑えられます。

ガーデニング墓地

お墓にプランターの花壇スペースを設けて、ガーデニングが楽しめる墓地です。
墓参りする人の心を和ませ、墓地が明るい雰囲気になります。

バリアフリー墓地

墓地全体の段差をなくして、車いすやお年寄りでもお墓参りがしやすい設計の墓地です。
参拝者の高齢化に伴い、新しく売り出される墓地では全区画を平坦にしたバリアフリータイプを特色としたところが多く見られます。

墓地の管理・運営元による分類

boseki.hatenablog.com

その他の墓地

上記の3種類の墓地以外にも次のような墓地もあります。

山墓地

今でも、里近くの山に墓はたくさんあります。
寺院墓地よりも古いかたちの墓地です。
古墳などもこれにあたります。
山も所有者がいるため、勝手に墓を建てることはできません。
山墓地も、自己所有地か、または個人の取りを借りています。
借りた場合には、墓の性質上、永代使用権を持つことになります。
ただし、今日では、山間僻地の場合は例外がありえますが、普通の里山近くの山中については、個人に対して墓地の許可は出ません。
そのため、新たにこのような墓を作ることは困難です。

部落墓地

田舎では、畑の中などにひとかたまりになったお墓の群を見ることがあります。
個人の家ではなく、部落またはその数件で共有している墓地です。
その所有の仕方や使用の権利形態はいろいろありますが、いったん墓の使用権を持てば、部落を離れたとしても使用権は失われないと考えられます。

個人所有の墓地

自己所有の山林や畑の一角や、屋敷内に先祖の墓があるケースもあります。
先祖代々の墓として今でも供養している墓もあるでしょう。
しかし、個人所有の墓地など古い墓の場合には、墓地として知事の許可を受けていない場合もあります。
許可を受けていない場合は、墓埋法上の墓地とされず、埋葬・埋蔵は違法となります。

*1:一番上の石