はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

通夜の流れと通夜にかかる時間について解説

f:id:barkaz6212:20161120114649j:plain

通夜にかかる時間

通夜は、もとは故人と親しい人が一晩中一緒に過ごす儀式でした。
しかし、最近は夜6~7時から、2時間程度の半通夜が一般的です。
昼間に行われる告別式よりも出席しやすいため、弔問客もお通夜に参列する人が増えています。

遺族は通夜の受付が始まる時間には、祭壇の前に着席しているようにします。
それまでに、お布施の準備や供物・供花の並び順の確認などをすませておきます。

もともとの通夜

通夜は、「夜を通して」という意味で、もともとは死者を葬る前に、遺族などの近親者が遺体のそばで一夜を明かして、故人を慰める儀式のことでした。

しかし、最近では、通夜に弔問客を招くことが多くなりました。
弔問客の都合を考慮して、仕事を終えてから会葬できるように、午後6~7時ごろから2時間程度読経や焼香を行うことを通夜と呼ぶのが定着しつつあります。

通夜のための確認チェックリスト

  • 会葬礼状、返礼品の数
  • 供花、供物の名札の順番
  • 通夜ぶるまいへの僧侶の出席

通夜の流れ

通夜は、次のような流れになります。
なお、時間は18時開始の場合のイメージです。

仏式の通夜は、18時~19時頃から2時間程度行われるのが一般的です。

①17:00~17:30 受付開始
②17:30 僧侶の到着、その後打ち合わせ

開始30分前から参列者を受付して、僧侶が到着したら、世話役が出迎えて、控え室に案内します。
喪主は僧侶にあいさつし、通夜の進行について打ち合わせします。
その後、通夜が始まる前に、僧侶に祭壇の飾り付けを確認してもらい、法話の有無や通夜振る舞いを受けるかなどの確認をします。

③17:45 遺族・近親者の着席、参列者一同着席

喪主と遺族は通夜の15分前には着席して、僧侶の入場を待ちます。
参列者も着席して、僧侶が入場すると通夜の開始です。

④18:00~18:40 僧侶の入場、読経、焼香

読経は30分~40分程度です。

読経が終わると次は焼香です。
参列者が多い時は、読経の途中から行われる場合もあります。

まず、僧侶が焼香し、次に喪主、遺族、近親者と続き、最後が参列者です。
喪主と遺族は焼香後に参列者に一礼して席に戻ります。

焼香は、葬儀式場で行われる場合は、係員の指示に従って行います。
自宅の通夜の場合は、僧侶から「ご焼香をお願いします」という案内があります。

参列者が焼香時に黙礼をしてきたら、席に座ったまま黙礼を返しましょう。

boseki.hatenablog.com

⑤18:40~18:50 僧侶の法話(説教)、退場

読経後、僧侶の法話がある場合があります。
読経、法話まで済むと僧侶は退場します。

⑥18:55 喪主挨拶

boseki.hatenablog.com

⑦19:00 通夜の終了、通夜ぶるまいの開始

boseki.hatenablog.com

⑧21:00 通夜ぶるまいの終了

通夜会場の席順

本来、通夜は儀式ではないので席次の決まりはありませんが、葬儀の際と同じように座ります。

会場の席は、故人に縁の深い人から順に棺のそばに座ります。
喪主、親、子ども、兄弟、親族といった故人と縁が深い順に祭壇の近くに座ります。
席が、左右に分かれる場合は、祭壇に向かって、右側が遺族、左側が知人や関係者になるのが一般的です。

右側の席は、前から喪主、遺族、近親者の順に着席し、左側の席は一番前に世話役、その後ろに友人、知人、職場関係者が座ります。

f:id:barkaz6212:20161030010457p:plain

会場のスペースなどにより、席が左右に分かれていない場合もあります。
その場合は、棺から一番近いところに喪主と遺族が座り、それ以外の人がその周りに座ります。

通夜が始まってから到着した人は、到着順に着席するよう世話役などが案内します。

焼香は席の順番に従って行われるので、そのことに配慮をして席次を決める必要があるでしょう。

弔問客に応対する

通夜と葬儀の弔問客には、受付で会葬礼状と返礼品を渡します。
返礼品は、会葬へのお礼の品で香典返しは後日改めて行うのが基本です。

しかし、最近では、当日返し・即日返しといって、当日に2,000円~3,000円程度の品を香典返しとしてお渡しするケースもあります。

いずれも、葬儀業者に手配してもらうのが一般的ですが、故人や遺族らしい文章を考えたり、品物を選んだりしても、もちろん構いません。

夜伽

通夜の夜は、本来一晩中、灯明や線香を絶やさないようにします。
夜を通して故人に付き添い、故人と最後の時を過ごすします。

ただし、現在では、2時間程度に時間を区切った半通夜が一般的です。
通夜後はできるだけ、交代で番をして、線香やろうそくの日を絶やさないようにします。
そのため、何人か交代で起きているとよいでしょう。
ただし、翌日は葬儀が控えているので眠っても構いません。

寝ずの番を誰も立てないときは、火災を防ぐために灯明や線香を消しておきます。

斎場では、泊まれる人数が限られていますが、遺族が泊まって灯明や線香を絶やさないようにすることができるところがあります。
ただし、家族は必ず斎場に泊まるべきかというと、身体的な負担もあるので、必ずというわけではありません。
また、斎場によっては夜間の付き添いができないところもあります。
最後の夜を故人と過ごしたい場合は、斎場の規則を事前に確認する必要があります。

通夜振る舞いまでは、遺族も喪服を着ますが、近親者のみになったら楽な服装に着替えても構いません。

通夜での喪主の心構え

  • 僧侶の出迎えや弔問客の見送りなどはせずに、世話役に任せます。
    目上の人でも対応しなくて構いません。
  • 弔問を受ける時は、取り乱さないように心がけます。
  • お悔やみの言葉には、次のように簡潔にお礼を述べます。
    「早速のお悔やみ、恐れ入ります」
    「わざわざ起こしいただき、故人もさぞ喜んでいることと思います」
  • 言葉にならない時は深く黙礼するだけで構いません。
  • 弔問客が焼香の前後に黙礼したら黙礼で応えます。