はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

新盆とは?読み方や準備する提灯、時期などについて解説!

f:id:barkaz6212:20161118011638j:plain

新盆とは?

新盆とは、四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。
この時には、故人の霊が帰ってくるとされるので、遺族や近親者が集まって僧侶の読経や墓参りなどの供養を行います。

この1年で亡くなった方がいるお宅へは、お盆のお供えを贈ります。
近親者など親しい人が盆提灯を贈るほか、お参りに伺うときには御仏前として現金を差し上げるか、菓子、線香などを贈ることもあります。

お盆に親戚ではない故人宅へお参りに行くのも問題ありません。
ただし、事前に連絡してからうかがいましょう。

もし、遠方などを理由に新盆にうかがえない場合には、改めて冥福をお祈りするという内容のお悔やみ状とともに、ご仏前にお供えする線香などの供物、または現金を送りましょう。

新盆の読み方

新盆は、にいぼんしんぼんあらぼんと読みます。

新盆の服装

お参りにうかがう場合には、僧侶をお迎えしての法要でなければ、礼服でもなくてもよいでしょう。
女性の場合、清楚で地味めのワンピースかスーツがよいでしょう。

暑い時期ですが、肌はあまり露出しないものにします。

新盆と初盆の違い

新盆は、初盆とも呼ばれることがあり、同じものをさします。

新盆の提灯について

新盆には、通常のお盆の準備のほか、新盆のときだけに使う白提灯(白紋天)を用意します。

boseki.hatenablog.com

白提灯(白紋天)は新盆だけに使うもので、新盆を迎える家で準備します。
霊が迷わないように、お盆の間は提灯を軒先につるして、仏壇の脇に飾り、夜には明かりを入れます。
家族が準備するほか、親戚や知人が盆提灯を贈る習慣もあります。
正式には白い提灯に檀家の家紋を入れたもの一対を贈りますが、最近は、模様入りの提灯を贈ることも多くなっています。
白提灯は新盆だけに使うもので、お盆が終わったら処分します。
お参りにいらっしゃる人が多いので、早めの準備を心がけましょう。

提灯を送る場合には、絵柄が入ったものものを贈るのが一般的です。
先方の準備もあるので、早めに届いたほうが喜ばれることでしょう。
遅くともお盆の2週間前には届くようにしたいところです。

また、最近では、住宅事情に合わせて、洋風の部屋においてもなじむ、スリムで小ぶりのものや、節電効果の高いLED照明のものもあります。
インテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。

新盆のお布施

僧侶は限られた日数の中で檀家を回り、読経(棚経/たなきょう)をするので、茶菓でのおもてなしをします。
その際、お布施を包みましょう。

新盆の香典とお返し

新盆には、香典を持参される方も多くいます。
新盆に持参する香典の表書きは、御仏前が一般的です。
その他、御香料御提灯料御供物料などもあります。

金額は一般的には5千~1万円が目安になっています。
また新盆法要の後に飲食の接待がある場合には、1万~2万円が一般的です。

香典に対しては、菓子折り程度の返礼品を用意するとよいでしょう。
高額だった場合には、後日改めてお返しをしましょう。

初盆の時期

新盆は四十九日忌があけてから始めて迎えるお盆です。
亡くなったばかりで、四十九日の前に迎えたお盆は新盆ではありません。
この場合、新盆は翌年のお盆になります。

また、お盆の時期は地域によって異なります。
7月に行う地域と、8月に行う地域とに大きく分かれます。
仏教の教えては、本来7月ですが、農作業の繁忙期にあたるため、農業が盛んな地域では8月に行われるようになりました。

新盆の準備

僧侶はお盆の時期には多くの檀家を回るので、お経を上げてもらう場合には、早めに寺院に連絡しましょう。
また、足りない仏具、盆棚や、新盆に必要な白提灯(白紋天)などは早めに注文しましょう。

新盆の法要の挨拶の言葉

例.

このたびは、故○○さまの新盆供養にお招きいただきまして、ありがとうございます。
皆さまと一緒にご供養させていただきます。

新盆の料理

新盆の法要後は、精進料理で参列者をもてなします。

新盆の贈り物

新盆の親戚には、提灯やお金、供物などを贈ります。
高額の提灯を贈る場合には、親戚同士でお金を出し合うとよいでしょう。

お金を出す場合には、御仏前の表書きで渡します。

新盆のおもな流れ

事前の準備

  • 僧侶に連絡して読経(棚経)をお願いする

  • 提灯の注文をする

  • 盆棚、提灯を組み立てる

  • お墓の掃除をする

  • 接待の菓子や菓子折りなど返礼品の準備をする

迎え盆:7月(8月)13日

  • 盆棚に位牌を移して、お供えをする

  • 迎え火をする

  • (地域によっては)お墓参りをする

7月(8月)14日

  • 法要をする
  • お参りの人の接待をする
  • (地域によっては)お墓参りをする

送り盆:7月(8月)15、または16日

  • 送り火をする
  • (地域によっては)お墓参りをする

新盆のまとめ

  • 四十九日を過ぎてから迎える最初のお盆のこと
  • 僧侶による読経や遺族・参列者による焼香を行います
  • 法要後は参列者を精進料理でもてなします