はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!家族葬の服装:僧侶を招くときは喪服を着用

f:id:barkaz6212:20170814231623j:plain

葬儀の形式・規模で服装のマナーは変わる

喪服は、故人や宗教者に対して礼を尽くす意味で着用するものです。
宗教にのっとって葬儀を行う場合には、小規模であっても喪服を着るのがマナーとなります。

男性の場合

男性は、通夜、葬儀・告別式を通して、ブラックスーツにすることが多いです。
喪主以外で、外出先から駆けつける場合などは、濃紺や濃いグレーのダークスーツを着用することもあります。

ブラックスーツ

本来、ブラックスーツは、略礼装ですが、最近は喪主・遺族ともに着用することが多いです。
黒無地のシングルまたはダブルのスーツに、ワイシャツは白無地のものを着ます。
カフスボタンは銀台にオニキスなどの原石のものにします。
ネクタイは黒のものを結び下げにして、ネクタイピンはつけません。

靴はシンプルなデザインの黒にします。

ダークスーツ

遺族は略礼装のダークスーツでも構いません。

濃紺や濃いグレーの無地のシングルまたはダブルのスーツを着ます。
ワイシャツ、ネクタイ、靴はブラックスーツと同じです。

boseki.hatenablog.com

女性の場合

女性は、黒無地に染め抜き五つ紋付きの和装か、ブラックフォーマルのスーツやワンピース、アンサンブルの洋装が一般的です。
真夏でも長袖か七部袖にします。

黒無地に染め抜き五つ紋付き

帯は袋帯の黒無地、または黒の紋織りを小さめのお太鼓に結びます。
半襟は白です。
帯揚げは黒の綸子か絞りのものにします。
帯締は黒の平打ちのもので、両端は下向きにします。
帯留めはつけません。

バッグは光沢のない黒の小型のものを持ちます。
足袋は白で、ぞうりは黒のものにします。

ブラックフォーマル

長袖か七分袖のワンピースか、スーツ、アンサンブルのものにします。
黒のストッキングを着用します。

バッグは光沢のない黒無地のシンプルで、小型の布製のものにします。
靴は光沢のないプレーンなものを履きます。

boseki.hatenablog.com

アクセサリーその他

アクセサリーは、結婚指輪以外はつけないのが正式ですが、真珠や黒曜石、ブラックオニキスの一連ネックレス、一粒真珠のイヤリングやカフスはつけることができます。

ハンカチも色柄物ではなく、白やフォーマル用の黒を用意します。

boseki.hatenablog.com

内輪の場合控えめな服装でOK

火葬場に向かうようなときは、喪服を着用します。
しかし、ごく内輪の葬儀なら服装は自由です。

派手な色柄ものやラフすぎるシャツなどは避けるべきですが、清潔で控えめなものなら好みの服装で構いません。

ただし、親族の中に慣習にこだわる人がいる場合は、喪服を着用するか、地味な装いにしましょう。