はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!本の遺品整理をする方法

f:id:barkaz6212:20170825190426j:plain

本や音楽が好きな人であれば、きっと多くの本やCDが残されて、その処理に大変な思いをすることでしょう。
これらはリサイクルも兼ね備えた古本屋などに問い合わせて、買い取ってもらえるかどうか聞いてみるとよいでしょう。

大量の本は業者に引き取ってもらおう

遺品の中で意外と多いのが、衣類と本です。

本はかさばると重くて、ちょっと片付けようと思うだけで重労働です。
また、本の種類や状態によっても、処理に頭を悩ませることでしょう。

そのような本をまとめて引き取ってくれる業者もあるので、一切合切まとめて処理したい場合には、そのような業者を調べて利用するとよいでしょう。
大量の場合は、自宅まで引き取りにきてくれる業者もあります。

その際には、値段のつかないものを無料で引き取ってくれる業者もありますし、1冊ずつ査定して換金してくれる業者もあります。
本やCDの状態を見て、引き取ってもらう先を検討するとよいでしょう。

また、雑誌や週刊誌などは自治体の燃えるゴミの日に出すとよいでしょう。

図書館に寄贈という手も

故人が大事にしていた本やCDを少しでも社会の役に立てたいと思えば、地域の公共図書館や児童会館などに問い合わせて、どんな本やCDであるかを伝えて、必要かどうかを確認してみるのもよいでしょう。