はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!仏壇の合祀:2つの仏壇を1つにまとめる方法

f:id:barkaz6212:20170810090713j:plain

仏壇を合祀して、複数の仏壇を1つにしたいというケースもあります。

夫も妻も祭祀承継者である場合、両家墓を建てるのと同じように両家仏壇にしたいということです。
自宅にすでに仏壇があり、さらに実家などから仏壇を引き継ぐことになった場合には、2つの仏壇を祀っても構いませんが、宗派が同じであれば1つにまとめることも可能です。
宗派が異なる場合は、今後の供養について、家族や親族の反対がなければ、どちらか1つの宗派を選んで仏壇をまとめることも考えましょう。
ただ、宗派が違えば、本尊も仏具も異なるので、簡単にまとめることはできません。
こうしたことに関する考え方はさまざまなので、まずはそれぞれの菩提寺に相談してみましょう。

仏壇をまとめたり買い替えたりすると、不要になった仏壇を処分する必要ができてきます。
閉眼供養をした後、自治体に相談するか、仏具店に引き取りを依頼する方法もあります。

2つの仏壇を1つにまとめるとき

f:id:barkaz6212:20170809143114p:plain

違う宗派の2基の仏壇を1つにしたいとき

夫は長男、妻が一人っ子などというケースでは、両方の実家の仏壇を引き継ぐことになりがちです。
ただ、次のような意見、要望があります。

  • 家に仏壇が2基あると縁起がよくない
  • とても2基はおけない
  • 合祀できないか

まず、2期あると縁起が悪いというのは迷信です。
実は縁起という言葉は仏教用語で、本来の意味は「すべての現象・事物はそれ自体で成り立つものではなく、無数の『縁』によって『起』きている」ということです。
「吉凶の前兆」という意味で「縁起が良い」「縁起が悪い」などと使うのは、仏教に沿ったものではありません。

2基の仏壇の宗派が違えば、本尊も戒名のつけ方も違うため、1つの仏壇にまとめることは原則としてできません。
2基の仏壇をそのまま安置するのが難しい場合には、

  1. 小さな仏壇を2つ購入して両方を拝んでいく
  2. 片方の仏壇に統合する形で供養していく
  3. 新しく仏壇を購入して両家を供養していく

などが考えられます。
ただし、いずれの方法も菩提寺の了解なしには進められません。
特に、2、3の方法は容認できないとする寺院もあるでしょうから、まずは事情を説明して相談しましょう。

仏壇を処分する場合

boseki.hatenablog.com

仏壇を移動・引っ越しする場合

boseki.hatenablog.com

仏壇を買い替える場合

boseki.hatenablog.com