はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

永代供養墓の紹介⑪:円福寺 交響墓(千葉・四街道市)

円福寺の交響墓は、JR総武線物井駅から徒歩10分のところにあるお墓です。

こんもりとした台地の上に円福寺があります。

現存する過去帳を見れば、開基は元禄時代まで遡ります。

明治時代には地元の小学校の前身となる学校が置かれていました。

集落のほとんどが円福寺の檀家という、地元に密着したお寺です。

境内に、昔からの無縁塔があり、これからの時代は永代供養が必要な人も増えるだろうと、1997年に先代の住職が個別に1,000体が納まる供養墓を造り、これを交響墓と名付けました。

永代供養墓は、中が個別納骨堂になっていて、壁面には墓誌が刻まれています。

個別納骨のまま永代供養されます。

阪神・淡路大震災の折には、慰霊のためのコンサートを寺で開催しました。

それ以来、毎年、音楽で供養を行ってきたことから交響墓という名前が付きました。

ピアノの独創やチェロのアンサンブル、アコーディオン、能など、ジャンルや趣向を変えて、例年秋に行われ、コンサートには檀家だけでなく、永代供養者の縁者も参加して供養できます。

宗教

真言宗

住所

千葉県四街道市物井856(JR物井駅から徒歩10分)

初期費用

380,000円

永代使用料:100,000円

永代管理料:100,000円

永代供養料:100,000円

納骨料:30,000円

保証金:50,000円

形態

個別納骨の合祀墓

利用条件

  • 墓の権利を寺側で管理することに異議がないこと
  • 法要は真言宗の作法にのっとって行う