はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

3分でわかる!お布施の相場は?お布施の表書きの書き方、封筒などについて解説!

f:id:barkaz6212:20161208144247j:plain

お布施は、後述の通り、原則として自分でできる範囲ですればよいものなので、いくら包まないといけないということは決まってはいません
あくまで気持ちですので、できる範囲で納めましょう。

しかし、葬儀を執り行うことに慣れている人は少なく、また、決まっていないからこそ、かえっていくら納めたらよいかわからないものでしょう。
そのようなお布施の相場を知りたい方に、いくつか目安をお伝えします。
また、最近増えている法事・法要のお布施が一律でできる僧侶派遣サービスについても紹介します。

ただし、これらは宗派や地域によって大きく異なりますので、僧侶やそれに近い人に相談すると良いでしょう。

お布施の金額の相場

お布施とは、お寺や僧侶の読経や戒名のお礼として渡す現金や物品のことです。
それぞれのお布施の金額の相場をご紹介します。

通夜・告別式

一般的に通夜・告別式で30万円くらいからで、戒名料は別に包みます。
そのほか、送迎しない場合のお車代、通夜振る舞いに同席いただかない場合の御膳料なども別途包みます。

boseki.hatenablog.com

開眼供養

お布施の額に決まりはありませんが、3万円~5万円が相場だと言われています。

納骨式

読経への謝礼としてのお布施は、5万円~10万円が相場と言われています。
四十九日や一周忌に開眼供養、納骨法要をあわせて行う場合はお布施も上乗せします。
控室なども使わせてもらう場合は、その使用料も考慮します。

法要

回忌や規模にかかわらず、読経をしてもらう場合にはお布施を渡します。
読経への御礼としてのお布施の目安は、3万円~5万円です。
白い封筒で表書きは御布施で、水引は不要です。
控え室などを借りる場合には、御席料5千円程度をお布施とは別に法要前に渡します。

閉眼法要

閉眼法要そのものに対するお布施の額は、3万円~5万円が相場です。
加えて、寺院墓地から墓を移す場合に、改葬を機にその寺院の檀家でなくなることになります。
そのような場合に、いままで先祖の供養をしていただいた寺院に対する感謝のために、お布施もあわせて行うことが一般的です。

お布施の封筒の表書きの書き方

お寺の活動にあててもらう意味をこめて表書きは、御布施(おふせ)とします。
白い封筒に御布施と書いて、下に御布施よりもやや小さめに○○家喪主の名前を入れます。
毛筆か筆ペンで、普通の墨で書きます。
お寺に不幸があったわけではありませんので、薄墨では書きません。

のしはなしで、水引はつけません。

封筒は葬儀社でも用意しています。

お布施の渡し方

手渡すときは、ふくさなどに包めばより丁寧です。
また、無地の塗り盆に載せて渡すのも丁寧です。

葬儀後にお礼に行くときは、菓子折りを持参してもよいでしょう。
その場合、ふくさからお礼の封筒を取り出して、菓子折りの上に載せて、表書きが相手に向くように差し出します。

お布施を持っていくのは翌日が正式

お寺へのお礼は葬儀の当日ではなく、翌日に尋ねるのが正式とされています。
そのため、できれば葬儀の翌日にはお寺に持参し、僧侶に渡します。
その際は、「戒名と読経のお礼です」などと伝えましょう。
ただ、葬儀が終わったあとか、お通夜が始まる前に渡す場合も多いようです。
迷ったら葬儀社に尋ねるとよいでしょう。

僧侶が複数来てくれた場合

お葬式の規模にもよりますが、僧侶が複数の場合でもお布施は同額です。
また、1つの袋で渡しても問題ありません。 

お布施の金額に迷ったら僧侶に相談!

「お経料や戒名料と合わせて、お布施はどのくらい支払えば良いのだろう?」
こんな悩みを持つ人も多いことでしょう。
「お布施に迷ったら僧侶に相談する!」これが開眼法要や納骨法要のみならず、僧侶にお経をあげてもらうときの基本です。

しかし、実際に相談しても具体的な金額を提示してもらえず、「お気持ちで」と返されてしまうことが多々あります。
釈迦は教えをお金に買えることを戒めてきたため、僧侶へのお礼は代金ではなく、まさに「お気持ち」なのです。

そんなときには、「みなさんと同じようにさせていただきたいのですが、みなさんはどうなさっていますか?」と聞くとよいでしょう。
また、僧侶に「お布施の意味からしても、そのようにお答えになられるのは当然ですが、私どもでは見当がつきませんので…」と重ねて相談すれば、もしかしたら、助言を得られるかもしれません。
僧侶に重ねて尋ねてみることで、そのお寺での相場を教えてくれるかも知れません。

それでも答えてくれない場合には、お寺ではなくて、石材店や葬儀社に相場をたずねるという方法もあります。
また、その寺院の檀家総代に尋ねたりすることも1つの手かもしれません。

お布施の目安が示せない理由

墓石代なら、この石でこのランクなら〇〇万円が相場など、目安を示すことはできます。
しかし、お布施は気持ちなので、気持ちの形や中身は一人ひとり異なり、すべて足して頭数で割って平均を出すというわけでにはいきません。
「お布施の額がわかりにくい」や「お布施の基準がなくて不透明」などは、よく言われる言葉です。
しかし、お布施の額はその性質上、僧侶の方に目安を出してもらうというのはなかなか難しいと言わざるを得ません。

高額のお布施が心配な方は僧侶派遣サービスを検討しよう

このようにお布施はいくらというのが明確になく、不安という方も多くいらっしゃいます。
そのような不安を抱く方はお布施が定額の僧侶派遣サービスを検討するとよいでしょう。
実際、僧侶派遣サービスを利用する方は増えてきています。

  • お布施の費用がかかり過ぎないか心配…
  • お寺と付き合いがなく、依頼の仕方がわからない
  • 特定のお寺の檀家になりたくない…

そのような悩みを持つ方は、お坊さん便てらくるといった僧侶派遣サービスを検討しましょう。
お坊さん便では、お布施料金は定額35,000円で、心づけ、お車代、お膳料などがすべて含まれており、追加費用はありません。
てらくるでは、定額45,000円で、追加料金は一切不要です。

お布施の意味

お布施は、故人の成仏を祈り、僧侶を通じて本尊にお供えするものです。
葬儀や法要のために出向いてくれた僧侶に直接渡しますが、前述の通り、決まった金額はありません。
つき合いの深さや戒名の位、寺院によって金額はまちまちです。

そして、お寺は、檀家が納めるお布施や護寺会費、寄付、墓地管理料によって運営されています。

お布施の本来の意味

法要や葬儀で包むお布施は、仏教の大事な行(ぎょう)の1つである布施行に由来します。

布施業は主に次の3つに大別されます。

  • 法施:僧が信者に仏法を説き、人に施すこと
  • 無畏施:人に畏怖の念を抱かせないこと
  • 財施:金銭や品物などの財物で施すこと

葬儀などの仏事で僧侶に渡す金封のお布施は、3つ目の財施にあたります。

行は、自発的に行うものであるため、僧侶からすると「お気持ちで」としか答えようがないというのが僧侶の本音です。
精一杯の気持ちを表すもので、お経に料金はありません。

また、お布施は、僧侶の人数や会葬者の数によって決まるものではありません。

さらに、お布施を渡す相手は僧侶ですが、お布施は僧侶への報酬ではなく、本尊へ供えるものです。

このような成り立ちを考えると、お布施を葬儀という儀式の執行料金などというとらえ方をするのは間違いとわかるでしょう。

そもそもお布施はお経代ではない

お布施をお経代と考えている人は、僧侶に「お経料はいくらお支払いすればいいですか?」と聞くかもしれません。
しかし、お布施は、自分自身がそのときの精一杯の気持ちとして行う施しです。
そのため、お経料(回向料)や支払いという表現はふさわしくありません。

お布施の額や新しく建てた墓に刻む戒名料の額などを訪ねられた僧侶は、この人、あるいは亡くなった人にとって精一杯の気持ちとはどのくらいだろうかと考えて答えることでしょう。
当然、一律ということはありません。

現実的には、それまで仏法に貢献した方、寺院との付き合いの親密な方、社会的地位の高い方、地域社会に影響を与えた方などの気持ちは手厚いと推し量ることになります。