はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

火葬にはどのくらいかかる?火葬にかかる時間と流れ

f:id:barkaz6212:20161112190128j:plain

火葬にかかる時間

火葬には1時間半から2時間ほど時間がかかります。
そのため、この間は控え室で待機して、喪主や遺族は茶菓子などで僧侶や参列者をもてなすのが一般的です。

火葬の流れ

①出棺

boseki.hatenablog.com

②火葬場への移動

出棺後に火葬場へ向かうのは喪主のほか、遺族や近親者、生前に故人と特に親しかった友人・知人などです。
僧侶も一緒に向かう場合は、喪主と同じ車に乗ってもらうようにします。

火葬場に行くのは、親戚全員でなくても構いません。
つながりの深い方だけで問題ありません。

火葬場に行くマイクロバスや、待ち時間にいただく軽食などの準備もあるので、事前に人数を確定しておく必要があります。

③火葬許可証の提出

火葬場では、まず係員に火葬許可証を渡します。
多くの場合、お葬式の間、葬儀社に預けておけば、火葬場まで持ってきてくれて、手続きを済ませてくれます。

boseki.hatenablog.com

④火葬場係員への心づけ

慣習となっている場合が多く、民営火葬場などで係員への心づけは火葬の前に渡すのが原則です。
火葬場の係員(公営施設を除く)、霊柩車、ハイヤー運転手などですが、3,000~5,000円が目安です。
白い袋に入れて、葬儀社に預けて、その都度、渡してもらうことも可能です。

⑤読経・焼香

棺は炉の前に用意された祭壇用の小机に位牌と遺影を飾り、安置します。
僧侶が読経と焼香をして納めの式を行います。
僧侶がいない場合は、火葬場係員の指示に従って、焼香だけ行うようにします。

boseki.hatenablog.com

⑥火葬

納めの式を終えると棺を炉に収めて火葬します。
火葬には1時間半から2時間ほど時間がかかります。
そのため、この間は控え室で待機して、喪主や遺族は茶菓子などで僧侶や参列者をもてなすのが一般的です。 

⑦骨上げ

火葬後は炉から出された遺骨を骨壷に収める骨上げを行います。

boseki.hatenablog.com