はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

運営母体による墓地の違いと墓地の種類:公営墓地、民営墓地、寺院墓地

f:id:barkaz6212:20160714141355j:plain

墓地は、運営管理を行う経営母体によって、寺院墓地、公営霊園(公営墓地)、民営霊園(民営墓地)の3つに分けられます。

墓地の管理・運営元による分類

お墓は公共性と永続性が求められるので、現在では営利を目的とする私企業は、たとえ大企業でもあっても墓地経営は許可されていません。
ただし、1968年の墓埋法改正以前には、私企業による墓地経営が一部認められていたので、それ以前に営業を開始した墓地のみ、現在も経営を継続しています。

墓地は経営形態によって、大きく公営墓地民営墓地に分けられます。
さらに民営墓地の中には、公益法人が経営する公園墓地と、宗教法人である寺院が経営する寺院墓地があります。

このように墓地を管理・運営元で分けると次の3つになります。

①公営墓地

公営墓地は、都道府県や市町村などの自治体や第三セクターが管理・運営しています。
墓地がある自治体に現住所が必要などの条件や、生前申し込みができない場合もあります。
費用(永代使用料、管理費)が比較的安いため、希望者が多く、年1~2回ほど行われる利用者の募集は、高倍率になることが多くなります。
ただし、都市部では永代使用料が高額のものもあります。

boseki.hatenablog.com

②民営墓地

民営墓地は、公益法人宗教法人などが管理・運営しています。
資格制限などは比較的少なく、墓石の自由度なども高いです。
生前の申し込みも可能です。
また、他と比べて、費用が高めですが、施設面は充実しています。

boseki.hatenablog.com

③寺院墓地

寺院墓地は、宗教法人である寺院が管理・運営しています。
性格上、お墓を使うことができるのは、その寺院の檀家に限られます。
購入するには、基本的にその寺院の檀家となる必要があるため、宗教や宗派は限定されます。

boseki.hatenablog.com

公営墓地・民営墓地・寺院墓地の特徴の比較まとめ

それぞれの特徴を比較して、自分に合うタイプを求めましょう。

墓地の種類公営墓地民営墓地寺院墓地
申込条件

手元に親族の遺骨がある

その自治体に一定の年数以上居住している

遺骨に対して祭祀主宰者であるなどの条件になっている場合が多い

宗教宗派不問が多いが、宗教法人が運営する場合は、その宗旨に限られる場合もある

基本的にその寺の檀家になる必要がある
ただし、宗派不問としている墓地もある

募.集時期

通常は年1回

広報紙やインターネット公式サイトで案内される

区画に空きがあればいつでも 区画に空きがあればいつでも
費用 使用料・管理料は、民営墓地、寺院墓地に比べて割安 地域や設備によって異なるが公営墓地に比べると割高 お墓建立後もお寺を維持するために布施や寄進が必要
メリット
  • 地方自治体が運営しているため、実質的に倒産や墓地消滅のおそれがないので永続性がある
  • 民営墓地に比べて使用料が安価
  • 申し込みの際、宗教宗派は問われない
  • 常時募集しているため、取得しやすい
  • 墓の形状については制限は少なく、自由なデザインでお墓を建てることも可能
  • 申し込みの際、宗教や宗派は限定されない
  • あいている墓地が多く、比較的取得しやすい
  • 駐車場などの設備がととのっている
  • 墓の管理が行き届き、日常的に僧侶の供養が受けられる
  • 寺院との結びつきが強くなり、供養も丁寧
  • 実質的に倒産や墓地消滅の恐れがなく永続性がある
  • 経営が安定していて、安心して管理を任せられる
  • 葬儀や法要の際など、利便性が高い
  • 法要の後にお墓参りができる
デメリット
  • 公募して抽選という段階を踏むため墓地によっては高倍率になる
  • 募集数が少なく、なかなか空きが出ない
  • 申し込みには厳しい資格制限がある
  • すでに遺骨があることが条件の区画が多く生前に自分のお墓を建てたい場合には不向き
  • お墓の形状にある程度制限がある
  • 法人が倒産し墓地が消滅する危険性もある
  • 経営母体によって管理や運営にばらつきがある
  • 新しく開設された墓地の場合は近隣住民とのトラブルを抱えている場合もある
  • 公益墓地に比べると、使用料、管理料は割高
  • 日頃からお寺との付き合いがないと申し込みにくい
  • 基本的には和型の墓石になるなどお墓の形状に制限がある
  • お寺を支えるためのお布施が必要
  • 基本的に檀家・信徒のみしか使用できない
  • 使用料が明確でない場合が青甥

その他のお墓(納骨堂、樹木葬

墓石の形状は長方形のタイプが一般的ですが、最近では墓地の用地が足りないことから、納骨堂ロッカータイプの納骨堂も増加しています。

boseki.hatenablog.com

boseki.hatenablog.com

また、遺骨を地中に埋めて、墓石の代わりに樹木を植える樹木葬というスタイルも認知されつつあります。

boseki.hatenablog.com

個性的な墓石もありますが、墓地によっては形状や大きさに規制がある点は注意しましょう。