はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

子供の喪服はどうする?子供が通夜、葬儀・告別式に参列するときの服装マナー

f:id:barkaz6212:20161118131100j:plain

子供だからといって、どんな服装でもよいということはありません。

赤ちゃんの装いと注意点

赤ちゃんの服装は、できれば、またはグレーの服が望ましいとされます。
ただし、薄い水色やベージュなど控えめな色を選べば問題ありません。
乳児もできるだけカラフルな服は避けて、飾りが少ない地味な服を着せます。
また、乳幼児を参列させる際は、周囲に迷惑がかからないように注意しましょう。

boseki.hatenablog.com

子どもが参列するときの服装

学校指定の制服を着用

子どもが参列する際は、基本的に学校指定の制服を着用させます。
ボタンが金や銀色などであっても制服であれば問題ありません。
最近では、制服もさまざまなデザインが採用され、色も赤や青などの明るい色が使われているものもあります。
そのような場合でも、それが制服であれば葬儀の際の服装として問題ありません。
ただし、幼稚園児の帽子などは、たとえ制服でも参列する際ははずしましょう。

未就学児や制服がない場合

未就学児であったり、制服がなかったりする場合には、紺や黒など地味な色のブレザー、ズボン、スカートを着用しましょう。
女の子であれば、地味な色合いのワンピースでも構いません。
ワイシャツやブラウスは白にします。

避けるべき服装

子どもとはいえ、礼節はわきまえるようにして、トレーナーやパーカー、ジーパンなどといったカジュアルな服装は避けるのがマナーです。
キャラクターが目立つデザインも避けます。
最低でもえりつきの服を着用するようにしましょう。
また、できればジャケットを着用しましょう。

デザインに関しても、派手な色や柄のデザインの服装はNGです。
目立つ髪飾り、エナメルの靴も避けます。

子どもが参列するときの靴と靴下

子どもが参列する際の靴は黒のフォーマルシューズがベストですが、なければモノトーンのスニーカーでも構いません。
靴下の色は大人と同様に黒が原則で、フリルなどの飾りは避けます。
白でも構わないでしょう。
いずれも、キャラクターものや柄が目立つデザインなどはふさわしくありません。