はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

児童扶養手当の制度について解説

f:id:barkaz6212:20170123143632j:plain

児童扶養手当

配偶者の死亡によって、ひとり親(父子・母子)家庭になった場合は、一定の条件を満たせば、児童扶養手当を受けることができます。

対象は、0歳から18歳になった最初の3月31日までの子(中度以上の障害のある児童は20歳の誕生日の前日まで)がいる場合です。
また、手当の支給を受ける扶養義務者(同居の親族)には所得制限があります。

児童扶養手当は、原則として申請した日の翌月分から支給されます。
申請しないと支給はされません。

申請先

市区町村役場

必要な書類

支給条件

  • 日本国内に居住している
  • 扶養義務者の所得が一定水準以下である

支給されない場合

  • 子どもが遺族基礎年金などを受給できる場合

    boseki.hatenablog.com

  • 扶養義務者が老齢福祉年金以外の公的年金を受けられる場合
  • 扶養義務者の所得が基準以上の場合

支給期間

子が18歳(一定の障害が有る場合は20歳)になる年度末(3月31日)まで

金額と支給方法

毎年4、8、12月の年3回、4ヵ月分ずつ指定口座に振り込まれます。

  • 第1子…月額41,020円~9,680円(所得による)
  • 第2子は5,000円加算、第3子以降は1人3,000円加算