はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

1分でわかる!埋葬許可証とは?発行方法や提出先、紛失時の対応について解説

f:id:barkaz6212:20161117155932j:plain

埋葬許可証のまとめ

  • 納骨する際に必要な書類
  • 火葬許可証に火葬済みの認印を受けたもの
  • 認印は火葬場で押される

埋葬許可証とは?

埋葬許可証とは火葬許可証に火葬場からの認印が押されたものです。

boseki.hatenablog.com

認印が押されたものがそのまま埋葬許可証になります。

分骨を希望する場合は分骨の証明書を交付してもらう

分骨を希望する場合は、火葬場から通常の埋葬許可証のほかに分骨証明書を交付してもらいます。

埋葬許可証のコピーでは、分骨が認められない場合もあります。

boseki.hatenablog.com

埋葬許可証はいつ必要?

埋葬許可証は故人の遺骨を墓地や霊園に納める際に必要となります。

新しい仏のためにお墓を建てる場合、火葬してから納骨するまでに1年以上かかることもあります。
埋葬許可証は重要な書類ですので、紛失しないようにきちんと管理しましょう。
失くさないように、火葬場の係員が骨壷を納める桐箱の中に埋葬許可証を一緒に入れてくれることもあります。
包みを開いて確認しましょう。

納骨式にも必要

納骨する墓地では、管理者に埋葬許可証を提出し、墓地の使用許可証を提示します。
納骨式当日は、埋葬許可証のほか、墓地の使用許可証と印鑑を忘れずに持参します。

埋葬許可証を紛失したときの手続き

もし、埋葬許可証を紛失してしまった場合には、発行を受けた自治体に問い合わせましょう。

まだお墓が見つかっていないなら…

お墓を探しているなら、首都圏石材協同組合が運営する霊園・墓地検索ポータルサイトもしもドットネットを利用するとよいでしょう。
もしもドットネットは、PC・スマホ向けの霊園・墓地検索のポータルサイトです。

霊園・墓地に関する資料請求件数は、高齢化社会に伴い年々増加傾向にあります。
もしもドットネットでは、霊園・墓地をお探しのお客様に対し、多様化した様々なニーズにお応えする全国各地の多彩な霊園・墓地を紹介しています。
物件掲載数は、2015年7月時点で全国1,300件強と豊富です。