はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

仏壇の魂入れとは?仏壇を購入したら開眼法要を行う

f:id:barkaz6212:20160723172426j:plain

仏壇は、仏教の信仰の根本となる本尊を安置するもので、仏教では亡くなった人は成仏するという考えから、位牌を仏壇に供えます。
そんな仏壇の購入すべき時期と、仏壇を購入した時にすべき仏壇の魂入れについて解説します。
また、魂入れの法要で必要になる寺院への謝礼についても解説します。

ただし、宗派によって仏具の種類や置き方が異なりますので、事前に菩提寺へ相談するとよいでしょう。

なお、仏壇を今すぐ買いたいという方はコチラからご覧ください。

仏壇の購入時期

新しい仏のために仏壇を購入しようとする場合には、四十九日の忌明けの法要までに用意するのが一般的です。
ただし、本来、仏壇の購入には決まった時期はなく、いつ買わなければならないという決まりはありません
亡くなった人がいないのに仏壇を購入すると新仏が出る、閏年に仏壇を購入してはいけないなど諸説ありますが、これらは迷信ですので、気にする必要はまったくありません。

家を建て替えた時や年忌法要が仏壇購入のきっかけになったりすることもあるようです。
その他、お彼岸やお盆に合わせて購入する場合も多いようです。
それぞれ思い立った時が仏壇購入の時期です。
仏壇を購入することは、家の新築と同様にお祝い事となります。

boseki.hatenablog.com

本来仏壇は新居を構えたときに購入するもの

身内が亡くなった時に購入すると思われがちな仏壇ですが、以前は、結婚などで実家を出て分家するときに購入するのがしきたりでした。
これは先祖を祀るという意味に加えて、仏とともに生活していくという実感を養うことも大きな目的だったと考えられます。

家庭によっては、家族全員の箸を毎朝仏壇の前に置いたり、子どもに与えるおもちゃを仏壇の前に置いたりして、仏壇に手を合わせることを習慣づけていました。
現在もいただきもののお菓子などは、まず仏壇に供えて、そのお下がりをいただくという気持ちを大切にしましょう。

実家や自宅に仏壇があるかないかで対応は異なる

仏壇を安置するまでの流れは、実家か自宅に現在仏壇があるのか、あるいはまったく新しく購入するかで大きく異なります。
すでに仏壇がある場合には、その仏壇に対する法要も必要となります。
まったく新しく購入する場合は、自分で仏壇店を見つけて仏壇を買い求めたり、あるいは、菩提寺に僧侶から仏壇店を紹介してもらい仏壇を購入します。

購入後は、仏壇を安置して、魂入れ(開眼法要)を行います。

仏壇の購入

仏壇は仏壇店で購入するのが一般的です。

boseki.hatenablog.com

最近では、インターネットで仏壇を購入できるサービスも増えています。
例えば、株式会社ユニクエスト・オンラインの小さなお仏壇や鎌倉新書のいい仏壇などです。

小さなお仏壇

小さなお仏壇というサービスは、

  • 問屋を通さず直接メーカーからお仏壇を仕入れる
  • 通販に特化することでコストを削り落とす

ことで、大幅に価格を抑えられています。
お仏壇と必要な仏具をセットにして、最大63%OFFの大特価で販売しております。
全ての仏壇に仏具一式も含まれていて、届いたその日からすぐに仏壇を使えます。
対象外のエリアは無しで、全国送料無料です。
本位牌は一律21,000円で、文字入れは無料です。

仏壇を購入したら魂入れ(開眼法要)を営む

新しく仏壇を購入した時は、菩提寺などに依頼して、仏壇に祀る本尊や位牌に対して魂入れ(開眼法要)を営みます。
この法要の考え方や呼び名は宗派によって異なります。
入魂法要入魂式入仏式魂入れお性根入れとも呼ばれる儀式です。

本尊や位牌が尊像=礼拝の対象物に生まれ変わることを目的とした本尊を迎えるための大事な儀式です。
仏壇や本尊に命を吹き込み、本来の働きができるようにする仏事とされます。

なお、浄土真宗では、入仏慶讃法要入仏法要御移徙(ごいし、おわたまし)と呼び、本尊を迎え、仏法にふれる新たな生活が始まるおめでたい法要ととらえます。

いずれにしろ、魂入れは慶事で、仏壇という先祖の家を新しくする儀式、あるいは家の中の小さなお寺ある仏壇を自宅に安置する儀式ということで、家を新築したときと同じように、親族や知人を招いてにぎやかに執り行いましょう。

忌明け前に仏壇を設置する場合を除いて、浄土真宗では赤い和ろうそくを使うのがしきたりですが、浄土真宗以外の宗派でも、この法要をおめでたいものととらえて、赤いろうそくを使う場合もあります。

また、仏壇に対しては、本尊を安置する正常な場所にするための浄めの儀式を行います。

このような法要に対するとらえ方は、宗派や地域によってさまざまでので、事前に寺院に確認するとよいでしょう。
寺院と付き合いがない場合には、株式会社みんれびのお坊さん便を検討してもよいでしょう。

仏壇の魂入れ(開眼法要)の時期

仏壇の魂入れは、四十九日一周忌の法要とあわせて行われることが多いです。
自宅で行うのか、寺院で行うのか、日程や時間など、菩提寺などと相談して決定します。

法要は、読経、参列者の焼香、会食といった流れで行われます。
ただ、営み方は、宗派や地方によって異なります。
菩提寺などに聞いて準備しましょう。

仏壇を迎える法要の進め方

仏壇を迎える法要の準備は、次のように進めましょう。

①日時の決定

家族が亡くなったのを機に、新しく仏壇を購入する場合は、四十九日までに準備を整えましょう。
四十九日法要と仏壇の魂入れ法要をあわせて行うのが一般的です。

家の新築などにともなって仏壇を購入する場合には、僧侶と日程を調整します。

②場所の決定

魂入れは、仏壇のある自宅で営みます。
ただし、四十九日法要を寺院やホテルなどで営む場合には、五七日か六七日などに自宅で先に魂入れを済ませるケースも多いようです。

③段取りの決定

納骨も行う場合には、
開眼法要(魂入れ)・四十九日法要 → 納骨法要 → 会食(お斎)
という流れになります。

仏壇の開眼法要の謝礼

仏壇の開眼法要の寺院への謝礼は、御礼開眼法要御礼として、年忌法要と同額程度を白封筒に入れるか、奉書紙を用いて包みます。
水引をする場合は、お祝い事になるので紅白蝶結びの水引です。
祝儀袋を使う場合は、のしはつけません

四十九日の法要などとあわせて行うときは、御布施としてまとめるか、それぞれ別に表書きをして包みます。

金額に関しては、こちらの記事をご参考ください。

boseki.hatenablog.com

仏壇を買い替えるときも法要を行う

仏壇を買い替える場合、浄土真宗以外の宗派では、古い仏壇に対して、閉眼法要魂抜きお性根抜きなどの仏事を行ってから、新しい仏壇への仏事を行います。

浄土真宗の場合は、仏壇購入の際の考え方と同じ理由から、遷仏法要または御移徙(おわたまし)ご移徙(ごいし)などと呼びます。

新しい仏壇が届くときに、僧侶を招いて、新旧2つの仏壇にお経をあげてもらうのがよいでしょう。

その後、古い仏壇は、新しい仏壇を購入した店に引き取ってもらう方法が一般的です。

まとめ

仏壇を購入するべきという時期はありません。
思い立った時が仏壇を購入すべきタイミングです。
家族が亡くなったのを機に仏壇を購入する場合には、四十九日法要にあわせて準備をすすめましょう。

しっかり事前に情報を集めたり、正しい知識を身に着けて、後悔することがないように仏壇を購入したいものです。

仏壇を購入したら、仏壇の魂入れの儀式を行って、本尊を迎え入れましょう。