はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

祭壇・棺の選び方、祭壇・棺のランクで葬儀費用は左右されるので注意しよう

f:id:barkaz6212:20161205075024j:plain

祭壇の選び方

祭壇選びは、宗派による違いはなく、故人の人柄やお葬式の形式、遺族の考え方、価格などを考慮して、選ぶ場合が多いです。

葬儀社が設定する葬儀料金には、いくつかのランクがあるのが一般的で、価格の違いを決める大きな要素は、祭壇と棺です。
祭壇は、大きさと装飾が価格を左右し、凝った装飾や高価な花を使用すると、高くなります。
棺は、使用されている素材や彫刻の有無などで、価格が変わります。

しかし、悲しみや経験不足の不安のなかで葬儀の準備をする遺族が、説明だけで選ぶのは難しいことです。
祭壇や棺を決める際は、必ず実例写真などを見せてもらい、時間をかけて話を聞いて納得のいく選択をしましょう。

棺の種類と値段

棺の価格は使用する素材によって大きく異なります。
一般的な葬儀では、8~12万円の棺が使われます。

葬儀の見積書に棺のランクが書かれていない場合には、どのようなものか確認しましょう。

天然木棺

檜・樅・桐などの天然木で作られた棺です。
檜の無垢でできたものが最高級品とされ、100万円を超えるものもあります。

フラッシュ棺(中空洞板使用)

2枚のベニヤ材の間に、芯材を入れて張り合わせたものです。
桐の薄い板の合板が多く、約5万円からです。

布張り棺

フラッシュ棺の表面に布を貼って装飾したもので、約7万円からです。

祭壇のスペース

自宅で通夜・葬儀を行う場合は、まず祭壇を置く場所を決めます。
目安として、最低でも6畳の広さは必要です。
間取りなどの都合で難しい場合は、玄関や縁側に祭壇を置いて、弔問客がすぐに焼香できるようにするという方法もあります。

祭壇の設営は葬儀社が行います。

いったん祭壇を置くと葬儀終了まで移動できないので、祭壇の背後には大切なものなどを置かないようにします。

花祭壇が人気

最近は、白木より生花を使った花祭壇が人気です。