はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

葬式のマナー:アクセサリー(ネックレス、イヤリング)、化粧、香水はどうすべき?

f:id:barkaz6212:20161118133011j:plain

アクセサリー

正礼装では、結婚指輪、一連のパール、オニキス、ビクトリアジェット以外のアクセサリーはつけません。
どうしてもつけたいなら、ひと粒タイプのイヤリングなど、目立たないものを選びます。
また、ネックレスやイヤリングは、フォーマルなら8ミリのものを身につけましょう。

ネックレス

洋装の際は、ネックレスなしでは正装になりません。
ネックレスは、白または黒の真珠、黒曜石、黒オニキスの一連のものを選びます。
二連のものは、華美な印象を与え、また、不幸が重なるという意味につながるので避けます。

真珠の二連のネックレスは間違い!

真珠はお葬式でつけてもよいアクセサリーですが、二連は「不幸が重なる」ことにつながると言われているので、必ず一連にします。
また、真珠でも光る石が付いたデザインはNGです。

イヤリング

イヤリングはなくても構いませんが、つける際はネックレスと合わせます。
黒真珠のネックレスに白真珠のイヤリングなど、白と黒が混ざるのは避けましょう。
この場合には、ネックレスをしてイヤリングをはずすようにします。

その他のアクセサリー

その他のアクセサリーは、結婚・婚約指輪以外はNGです。
男女とも結婚指輪はつけたままで構いません。

化粧

喪服を着るときのメイクは片化粧と言い、ナチュラルメイクが基本で、濃いメイクは避け、薄いものにします。
ただし、ノーメイクはNGです。
ファンデーションをつけて、自分の肌に近い色の口紅を選びます。
マスカラやアイラインも控えめにします。

香水

香水は香りがきつくなければよいとされます。
つけるとしても、自分がほのかに感じる程度にしましょう。
華やかな場を連想させる香水はつけないほうが無難と言えます。

ネイル

ネイルはしないほうがよいでしょう。
許されているのは、ベージュ系か色みのないクリアなどです。

女性の服装全般

boseki.hatenablog.com