はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

通夜

3分でわかる!危篤とは?危篤状態のときの連絡方法と危篤時の対応【遺族編】

危篤の意味 危篤とは、病気が非常に重くて今にも死にそうな状態のことです。 危篤を知らせる相手 「ここ数日が山だと思います」など、医師から危篤を告げられたら、息のあるうちに会わせたい人、その人と最後の別れをしてもらいたい人、家族や近親者、友人な…

3分でわかる!神道、神式の通夜・葬式の流れやマナー、香典について解説!

神式のお葬式は、仏式とほぼ同じです。神式の葬式では、手水の用意があれば清めて玉串奉奠を行います。 神式の葬儀の詳細や流れについて知りたい方はこのままお読みください。神式の葬儀を今すぐ手配したいという方はコチラをお読みください。 神道の葬儀 神…

【チェックリスト】喪主になったらすべきこと

臨終 近親者に連絡する 病院で亡くなった場合は遺体搬送の手配をする 医師から死亡診断書を受け取る 病院で亡くなった場合は退院の手続きを済ませる 死亡届を役場に提出する 火葬許可申請書を役場に提出し、火葬許可証の交付を受ける 通夜、葬儀・告別式の準…

3分でわかる!弔問とは?弔問の意味や挨拶、服装、マナーについて解説!

弔問のときの服装 故人と親しい関係であれば、知らせを受けたら、すぐに弔問するのがよいでしょう。服装は、喪服ではなく平服で伺うのがマナーです。アクセサリーなど華美なものは控えましょう。

通夜・葬儀にふさわしいバッグがわかる!

通夜・葬儀には、金具などの飾りのない布製の黒いものにしましょう。 バッグの素材 通夜・葬儀に持って行くバッグの素材は、布製のものが好ましいとされます。 仏教では殺生を嫌うため、革素材ではなく、布製のものにしましょう。 その他、派手な飾りがつい…

枕飾りとは?枕飾りの意味や配置について解説

葬儀スタイルが多様化した現在では、搬送された遺体の安置場所は、自宅とは限りません。葬儀社の霊安室などになる場合もあります。 枕飾りとは? 安置した遺体の枕元には枕飾りを用意します。 枕飾りとは、白い布をかけた台に、香炉、燭台、花立てといった三…

葬式に妊婦は行かないほうがいい?行くなら鏡を持っていくというのは本当?

妊婦は葬儀に参列すべきてはない!? 妊婦はお葬式に出てはいけないと言われています。 由来については不明ですが、基本的には妊婦の精神的、肉体的な負担、ひいてはおなかの赤ちゃんへの影響を心配してのことでしょう。 また、死の穢れに赤ちゃんが触れない…

通夜、葬儀・告別式への子供の参列で気をつけるべきこと

原則として子ども参列は避ける 子どもが葬儀中に大声で泣き出してしまった時に、周囲の迷惑になってしまうこともあります。そのため、原則として小さな子どもの参列は避けるようにしましょう。特に、故人が子どもであれば、遺族の気持ちを察して、自分の子ど…

3分で分かる!お通夜の受付での挨拶や言葉遣い、マナーについて解説!

通夜会場に着いたらまずは記帳 通夜会場に到着したら、まずは受付で芳名帳に住所と名前を書きます。この手順を怠ると、誰が通夜に参列したのかがわからなくなり、遺族が困ります。記帳は必ずしましょう。 代理人として参列する場合の記帳の仕方 事情があって…

お通夜に遅れても大丈夫?お通夜の遅刻事情について解説!

通夜会場にはいつ到着すべき? 原則として通夜が行われている時間内であれば、いつ会場に到着しても問題ありません。ただし、キリスト教式では、通夜が始まる前に到着しなければならない場合もあるので注意が必要です。 遅れて参列しても大丈夫 最近では、半…

3分でわかる!通夜と葬儀・告別式の出席・参列はどちらかで大丈夫?通夜と葬儀・告別式の違い

通夜と葬儀・告別式の違い お葬式は、葬儀式と告別式で成り立っていて、近年は葬儀式と告別式が同時に行われています。 通夜もあわせてみてみると、それぞれ通夜 … 故人が親しかった人たちと最後の夜を過ごす場葬儀式 … 故人が生きている人にお別れをする式…

3分でわかる!通夜の食事、通夜振る舞いの作法とマナー

お通夜では、通夜振る舞いに応じて、故人と最後の食事をともにするのが一般的です。焼香後に、葬儀社や遺族からすすめられたら、短い時間でも座って箸をつけましょう。ただし、地域によっては、通夜振る舞いがない場合もあります。