はかナビ~葬儀とお墓と仏壇の読み物~

一般的なお墓から最近増えている永代供養墓や納骨堂までお墓について詳しく解説します。また、葬儀・葬式や仏壇、終活の基礎知識についても詳しく解説します。

移転しました。

葬式のマナー

3分でわかる!神道、神式の通夜・葬式の流れやマナー、香典について解説!

神式のお葬式は、仏式とほぼ同じです。神式の葬式では、手水の用意があれば清めて玉串奉奠を行います。 神式の葬儀の詳細や流れについて知りたい方はこのままお読みください。神式の葬儀を今すぐ手配したいという方はコチラをお読みください。 神道の葬儀 神…

1分でわかる!家族葬の服装:僧侶を招くときは喪服を着用

葬儀の形式・規模で服装のマナーは変わる 喪服は、故人や宗教者に対して礼を尽くす意味で着用するものです。宗教にのっとって葬儀を行う場合には、小規模であっても喪服を着るのがマナーとなります。 男性の場合 男性は、通夜、葬儀・告別式を通して、ブラッ…

1分でわかる!御車代・お車代の金額や表書きについて解説

御車代、お車代とは? 通夜や葬儀に僧侶に出向いてもらったらお礼として御車代を渡します。僧侶の送迎をしない場合に用意します。また、神官に出向いてもらった時にも渡します。 御車代の金額 御車代の金額は5,000~10,000円が一般的です。 御車代の表書き …

1分でわかる!会葬御礼(返礼品)、会葬礼状で気をつけるべきマナー・作法

通夜や葬儀・告別式の参列者へお礼として渡すものが返礼品で、会葬礼状は文面で会葬に対するお礼を述べるものです。 返礼品には、通夜や告別式の会葬に対するお礼として渡す会葬御礼(会葬返礼品)と、香典をいただいた人にお礼として渡す香典返しがあります…

キリスト教式の献花の作法・やり方のまとめ

献花の作法・やり方 キリスト教式では、カトリックでもプロテスタントでも献花が行われます。 献花は、聖書朗読、聖歌斉唱、神父や牧師の説教のあとに行われ、白い菊やカーネーションを献花台に捧げます。 花を受け取るとき、花を供えるときは片手ではなく、…

遺族にはこのように声をかけよう、お悔やみの言葉文例集

故人が喪主の父母の場合 お悔やみの言葉は焦らずにゆっくりと、心を込めて静かに話しましょう。うまく話そうなどと気負う必要はありません。 遺族に香典や供物を差し出す際には、霊前に供えてもらうように伝えます。 挨拶 このたびはまことにご愁傷様でござ…

神式の玉串奉奠の作法・やり方のまとめ

神式のお葬式では、仏式の焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)という儀式を行います。 玉串奉奠の作法・やり方 玉串を捧げて、拝礼することを、玉串奉奠と呼び、神道の儀式の際には慶弔に関わらず、行われます。 なお、下記は、葬儀における玉串奉奠…

知っておきたい!葬式で気をつけるべき忌み言葉一覧

忌み言葉とは 忌み言葉とは、不幸を連想させる言葉や、弔事において使うべきではない生死についての直接的な表現などのことです。 弔事に関するすべてのものに対して配慮すべきことですが、特に弔電や弔辞では忌み言葉に注意しましょう。 忌み言葉の一覧 ①重…

葬式に必要な数珠/数珠の意味、使い方、種類、宗派別の違いについて解説!

数珠の読み方 数珠はじゅずと読みます。 数珠の意味 数珠は、本来お守りのような役割のもので、仏教徒であれば肌身離さず、常に持ち歩くものです。故人の冥福を祈る気持ちを表す数珠は仏式では必需品で、数珠を葬儀に持っていくことは、仏教徒として正しい礼…

3分でわかる女性の喪服!女性が通夜、葬儀・告別式に参列するときの服装は?

男性と同様に、近年では女性も通夜から告別式まで喪服で参列するというのが一般的になっています。女性の喪服は、黒無地のワンピースかアンサンブル、ツーピースが基本ですが、黒のブラウスとスカートなどの装いでも構いません。喪服はオールシーズン着用で…

3分でわかる!家族葬とは?家族葬の費用やマナー、参列時の注意点について解説!

インターネットや新聞・雑誌などの広告で家族葬という文字を見たことがある人も多いのではないでしょうか。近年、小規模な葬儀として話題になっているのが、家族葬です。 宗教的儀式を重んじるのが従来のお葬式でしたが、最近は親しい人だけで送る家族葬など…

男性が通夜、葬儀・告別式に参列するときの服装は?男性の喪服について

男性の葬儀での装い 男性が葬儀に参列する際は、ブラックスーツなどの準礼装にするのが一般的です。通夜では、ダークスーツなどの略礼装にします。 勤務先から葬儀会場に駆けつける場合は、事前に黒のネクタイと靴下を用意して、参列前に着替えるようにしま…

3分でわかる!弔問とは?弔問の意味や挨拶、服装、マナーについて解説!

弔問のときの服装 故人と親しい関係であれば、知らせを受けたら、すぐに弔問するのがよいでしょう。服装は、喪服ではなく平服で伺うのがマナーです。アクセサリーなど華美なものは控えましょう。

弔意を伝える方法:訃報を受けてもすぐに駆けつけられない場合はどうする?

気持ちを伝える手段 訃報を受けてもすぐに駆けつけられない場合は、 代理人を立てて弔問してもらう 弔電を打つ boseki.hatenablog.com お悔やみの手紙を書く boseki.hatenablog.com などの手段で、まずはこちらの気持ちを伝えることが大切です。

新築中は葬儀に行かない方がいいってホント?

新築中は葬儀に行かない方がいいってホント? 家の新築中に葬儀に参列しても構いません。 その昔は、死は穢れであるとされ、新しく建てている家に穢れを持ち込むのはよくないことだと考えられ、葬儀には参列しない方がよいとされていました。 現在では、地域…

1分でわかる!お線香のあげ方のマナー

仏式の葬儀における焼香は、宗派によって線香をあげることもあります。 boseki.hatenablog.com 供える線香の本数 供える線香の本数は基本的に1本ですが、宗派によっては2本、あるいは3本を供えます。複数本の場合は、一度に火をつけて、香炉には1本ずつ立て…

1分でわかる!焼香のマナー・作法、やり方を知ろう!

焼香は宗派によって作法が違います。 事前にわかればよいですが、わからない場合は、喪主の焼香にならうのが間違いない方法です。 焼香の仕方 焼香の仕方には、 立礼焼香 座礼焼香 回し焼香 があります。 1人ずつ祭壇前に進み出て行うのが立礼焼香、座って焼…

お悔やみ状とは?弔意を伝えるときの注意点と文例について解説!

お悔やみ状のまとめ 供物や香典に添える手紙 不幸をあとから知った際に出します はがきではなく封筒で送ります お悔やみ状は、故人とのエピソードなども交えて哀悼の意を伝えると、心のこもったものになります。その際、遺族の方への励ましの言葉も添えると…

葬式と結婚式が重なったらどちらを優先して出席するの?

お別れの時は一度きりなので、基本的には弔辞を優先させます。ただし、決まりごとではありません。付き合いの深さなどにより、判断するとよいでしょう。 葬式と結婚式が重なった場合 現代では、時間の調整がつけば両方に出席してもよいとされます。とはいえ…

香典返しのお礼はすべき?香典返しのお礼について

香典返しを受け取っても、「ありがとうございます」などのお礼を述べないのがしきたりです。お礼状も出しません。 香典返しとは?

喪服がないなら…喪服のレンタルを検討しよう!

喪服のレンタル 喪服を持っていない場合は、貸衣装屋のほか、葬儀社やインターネットなどでレンタルすることができます。男性、女性ともに揃っています。料金は、和服で2万円前後、洋服で5千~1万円が一般的です。喪服は頻繁に利用するものではないので、購…

葬式のマナー:アクセサリー(ネックレス、イヤリング)、化粧、香水はどうすべき?

アクセサリー 正礼装では、結婚指輪、一連のパール、オニキス、ビクトリアジェット以外のアクセサリーはつけません。どうしてもつけたいなら、ひと粒タイプのイヤリングなど、目立たないものを選びます。また、ネックレスやイヤリングは、フォーマルなら8ミ…

子供の喪服はどうする?子供が通夜、葬儀・告別式に参列するときの服装マナー

子供だからといって、どんな服装でもよいということはありません。 赤ちゃんの装いと注意点 赤ちゃんの服装は、できれば黒か白、またはグレーの服が望ましいとされます。ただし、薄い水色やベージュなど控えめな色を選べば問題ありません。乳児もできるだけ…

1分でわかる出棺時のマナー!喪主の挨拶や参列者の服装について解説!

出棺時のマナー 葬儀・告別式から出棺までは必ず最後まで見送らなければならない 会場の外で静かに待機する 霊柩車が動き出したら合掌して故人の冥福を祈る コートなどの上着は脱いでおく

通夜・葬儀にふさわしいバッグがわかる!

通夜・葬儀には、金具などの飾りのない布製の黒いものにしましょう。 バッグの素材 通夜・葬儀に持って行くバッグの素材は、布製のものが好ましいとされます。 仏教では殺生を嫌うため、革素材ではなく、布製のものにしましょう。 その他、派手な飾りがつい…

通夜・葬式にふさわしいハンカチがわかる!

素材は綿かシルク、色は白か黒がベスト 通夜・葬式に持っていくハンカチは、基本的に白か黒かのフォーマルなものがよいとされています。 地味な色味のものであれば式中に使えますが、なるべく無地のものを選びましょう。 また、素材がタオル地などのカジュア…

葬式に妊婦は行かないほうがいい?行くなら鏡を持っていくというのは本当?

妊婦は葬儀に参列すべきてはない!? 妊婦はお葬式に出てはいけないと言われています。 由来については不明ですが、基本的には妊婦の精神的、肉体的な負担、ひいてはおなかの赤ちゃんへの影響を心配してのことでしょう。 また、死の穢れに赤ちゃんが触れない…

通夜、葬儀・告別式への子供の参列で気をつけるべきこと

原則として子ども参列は避ける 子どもが葬儀中に大声で泣き出してしまった時に、周囲の迷惑になってしまうこともあります。そのため、原則として小さな子どもの参列は避けるようにしましょう。特に、故人が子どもであれば、遺族の気持ちを察して、自分の子ど…

3分で分かる!お通夜の受付での挨拶や言葉遣い、マナーについて解説!

通夜会場に着いたらまずは記帳 通夜会場に到着したら、まずは受付で芳名帳に住所と名前を書きます。この手順を怠ると、誰が通夜に参列したのかがわからなくなり、遺族が困ります。記帳は必ずしましょう。 代理人として参列する場合の記帳の仕方 事情があって…

お通夜に遅れても大丈夫?お通夜の遅刻事情について解説!

通夜会場にはいつ到着すべき? 原則として通夜が行われている時間内であれば、いつ会場に到着しても問題ありません。ただし、キリスト教式では、通夜が始まる前に到着しなければならない場合もあるので注意が必要です。 遅れて参列しても大丈夫 最近では、半…